在宅でのびのびと仕事できる!女性に人気の在宅ワークなのがアプリケーション開発

職業_アプリケーション開発

アプリケーション開発というと、プログラマーのみ募集の求人と勘違いされることがあります。ですが、在宅ワークのアプリケーション開発は、デバッガーのような求人が多数見つかるため、スマホだけで作業できるシンプルな職業として人気です。

アプリケーション開発(在宅ワーク)の仕事内容

在宅ワークのアプリケーション開発求人を探してみると、アプリケーションスペシャリストの名称で求人が出ていることもあります。こちらは、今ではアプリケーション開発、もしくはアプリケーションエンジニアで募集がかかるようになっているため、スペシャリスト以外も応募可能です。

アプリケーション開発にあまり関わらない仕事もある

未経験でも在宅ワークの求人は見つかるの?という疑問もありますが、未経験者向けの求人を見つけることは難しくありません。

経験者としてアプリケーション開発をする場合は、プログラミングの実績を問われるのですが、未経験者の場合は、在宅ワークであってもテスト運用を行うだけで問題ありません。

これは「新しいプロジェクトのスタッフ募集」でも同じです。

プロジェクトの場合、プログラミングの経験者はすでに決まっていて、デバッグなど細かい作業を行うスタッフが足りていないため、未経験者も応募可能な求人が出ています。

仕事内容によっては高い能力を求められるものもある

在宅ワークであっても、アプリケーション開発の内容によっては高い能力を問われます。

  • プログラム開発
  • システム開発
  • アプリケーションの運用・保守
  • プロジェクトの企画
  • クライアントとの打ち合わせ

「開発者急募」、「エンジニア募集」の求人については要注意です。

一般的な在宅ワークとは違い雇用期間が長く責任も重いため、採用されたとしても、その後の仕事の辛さに耐えられないケースが想定されます。

アプリケーション開発(在宅ワーク)の収入

参考:2016年度スキル調査レポート(IT技術者)

ITスキル研究フォーラムの発表では、アプリケーション開発の年収は、上の図のような平均年収(2016年度の平均年収451万円)となっています。

収入でわかる!アプリケーション開発が人気の理由

在宅ワークとはいえ、他のIT技術者に比べて平均年収が少ないように感じるかもしれません。

ですが、アプリケーション開発の平均残業時間は20時間程度とされているため、他のIT技術者に比べて働きやすく、休日出勤・残業に対して悩みを抱えている人が少ないのです。

しかもアプリケーション開発の平均年収は、2014年度の平均年収が433万円であったため、その頃に比べて18万円も高くなっています。

在宅ワークのアプリケーション開発でも、長く続けていける人であればキャリアアップ・スキルアップにつながるチャンスが多く、こちらを意識して、アプリケーション開発の求人に応募する人も増えてきました。

アプリケーション開発の高収入求人で採用される人の特徴

日本ではあらゆる職業で人材不足が叫ばれています。

そのため、特別な経験・スキルを有している人は、在宅ワークであっても高収入の求人で採用されやすいのです。

  • 部下のマネジメント経験がある
  • エンジニアとしての実務経験がある
  • システム開発プロジェクトの参加経験がある
  • アプリケーション開発の学習を進めている

アプリケーション開発の求人で、少しでも良い条件の求人に応募したい場合は、「リーダー経験の有無」をチェックしたほうが良いです。

リーダー経験を高く評価している企業は多いため、企業からスカウトされやすく、待遇についても優遇されやすくなります。

アプリケーション開発(在宅ワーク)の資格

プログラミング言語の学習を進めているレベルでも、在宅ワークのアプリケーション開発であれば、応募可能な求人が多いです。アプリケーション開発の求人は多岐にわたりますので、未経験者という理由だけで、在宅ワークの求人に応募しないのはもったいないでしょう。

アプリケーション開発で役立つシステムアーキテクト試験

在宅ワークのアプリケーション開発は、システム開発・運用・保守の求人が多いため、プロジェクト経験が少ない人の場合、クライアントと接するケースは稀です。

ですが、本気でアプリケーション開発の仕事に望む場合は、システムアーキテクト試験(アイテック ITEC)で資格取得されると良いでしょう。システムエンジニアとして必要なスキルを得られるだけでなく、アプリケーション開発の求人応募でも役立つ資格です。

システムアーキテクト試験は、今でもシステムエンジニアから評価されている資格試験です。

「アプリケーションエンジニア試験」の名称でも見つかりますが、こちらは旧名となります。今では、システムアーキテクト試験、もしくはシステムアーキテクト(SA)の名称が使用されているので注意してください。

独学でも始められるアプリケーション開発

 

種類_アプリケーション開発_男女

アプリケーション開発に携わっている性別は、男性が約8割、女性が約2割とされています。他のIT技術者に比べて女性の割合が高いです。

他のIT技術者では、統計データ上で男性が約9割、女性は約1割と表記されているものが良く見つかります。しかし実際は、女性は5%未満というケースもあるので、未経験者からエンジニアを始めたい場合は、アプリケーション開発がオススメです。

アプリケーション開発の学習で役立つ動画

YouTubeで動画検索を行うと、iPhone・android用アプリケーション開発の動画が多数見つかります。

未経験者向けの動画も多いので、独学で在宅ワークを始めたい方にオススメです。

スマホアプリを開発するために必要な基礎知識を学べます

チャンネル名が「本気のパソコン塾」となっていますが、挫折しないでiPhoneアプリの基礎を学べる内容になっています。

アプリケーション開発の求人でも良く見かける、androidアプリの基礎を楽しく学べる動画です。

アプリケーション開発の基礎を学べるSamurai Blog

動画サイトよりも著書から学ぶのに近い感覚で、独学を進めたいという方は、Samurai Blogでプログラミング・アプリケーションの開発を学びましょう。

Androidアプリ開発の全手順が公開されているだけでなく、プログラミング学習でまずやるべきことは何なのか・・・、そんな疑問とも向き合ってくれているサイトです。

「無料学習相談」もあるので、独学よりもカリキュラムありでスキルアップしたい、素早く求人に応募できるレベルになりたい人向けのサービスも用意されています。

アプリケーション開発(在宅ワーク)の求人

アプリケーション開発の求人を無造作に探すと、「正社員・契約社員・派遣社員・アルバイト・パート」などの求人も混じるため、雇用形態を分けて探せる求人サイトを利用しましょう。オススメは、求人検索サービスのIndeed・求人ボックスです。

未経験者・経験者の求人が見つかる求人検索サービス

Indeed・求人ボックスで求人検索を行うのは簡単です。

キーワード検索欄にキーワードを入力するだけで、在宅ワーク・会社勤務で分けて求人検索を行えます。

未経験者向けの求人を探している場合は、「在宅 アプリケーション開発 未経験」のリンクをクリックするだけで、関連の求人を見つけることができます。

タイトルとURLをコピーしました