在宅ワークでコーディング!気になる在宅コーダーの仕事内容・収入・求人は?

種類_コーダー

サイトはWEBデザインのみで完成しません。HTML・CSS・JavaScriptによるコーディングも必要で、その作業を担うのがコーダーです。在宅ワークの場合、基礎的なスキルがあるようであれば、HTML・CSS・JavaScriptが未熟でも雇用されるケースはあります。

在宅コーダーの仕事内容

WEBデザインがあると、サイトデザインが完成した状況になります。ですが、パソコン・スマートフォンで見れる状態にするためには、コーディングと呼ばれるプログラミングが必要となるのです。

主に使用されるプログラミング言語は、HTML・CSS・JavaScriptです。これらを駆使するだけで仕事が成立するため、今では、在宅ワークの求人も増えてきました。

在宅コーダーは誰でもなれる?

コーディングの職業は、WEBデザイナーとしての能力を問われるわけではありません。

また、1から100までのサイト構築をしないといけないわけでもないのです。そのため、単純な在宅コーダーとしての作業をこなせる人物であれば、コーダーの求人に応募することは可能と言えます。

  • 完成しているサイトの更新作業
  • 新しいページの作成

これらの作業は、「更新・保守」として求人がかかっているため、サイトデザインを担当しない限りは、高いスキルを求められることが少ないです。

HTML・CSS・JavaScriptは必須

在宅ワークの求人を探ってみるとわかりますが、未経験者歓迎の求人はあまり見つかりません。

そのため、HTML・CSS・JavaScriptを用いるコーディング経験があると、在宅コーダーの求人で採用されやすくなります。

求人によっては、「独学でも問題無い」ものもあるので、経験が無くて先に進めないという人は、とりあえずHTML・CSS・JavaScriptの学習、簡単なコーディングの経験を自主的に積むと良いでしょう。

WordPressで実績を作る

CMSとは、Contents Management System(コンテンツマネジメントシステム)の略称です。

コーディング未経験者がコーディングを学ぶ場合、WordPressのようなCMSを利用して経験を積むようにしましょう。

WordPressには複数の長所があるため、未経験者でもスムーズにサイトを構築することが可能です。

  1. テーマを選ぶだけでサイトデザインの大部分が完成する
  2. 入力モード(ビジュアル・テキスト)の切り替えでHTML・CSS・JavaScriptコードを試せる
  3. WordPressを活かしたコーディング学習の書籍・サイトが多い

なによりも嬉しいのは、「無料で利用できるサービス(プラグインなど)が多い」ことでしょう。

コーディング学習にお金を使いたくないという人にも、WordPressはオススメできます。

在宅コーダーの収入

サイト1件のコーディングにつき、1~10万円ほどの報酬となっています。未経験者では時給換算1300円ほどで、経験者であれば、時給換算1500~2000円の求人が多く見つかるため、他の在宅ワークに比べて収入は安定しているのが特徴です。

在宅コーダーのメリット

在宅ワークであっても複数のメリットがあるため、男女問わずで人気の在宅ワークとなっています。

  • 仕事量が多いためお金を稼ぎやすい
  • 正社員・非正規雇用の求人が多い
  • スキルが高く評価される

在宅ワークはフリーランスとして営業することになるので、実績をそのまま活かせる職業と相性が良いです。

仕事量が多い在宅コーダーは、「時間を存分に使って稼げる職業」のため、将来的に収入が安定している在宅ワークを求めている人は、在宅コーダーの道を歩んだほうが良いでしょう。

在宅コーダーのデメリット

在宅コーダーはメリット・デメリットともに多いので注意してください。

  • 職業の性質上、長時間の作業が多いため自由に働けない
  • クライアントとの打ち合わせに同席しないといけない
  • コツコツと同じ作業を繰り返さないといけない

その他のデメリットでは、「プロジェクトの進捗状況によっては残業が発生する」こともあります。

1日8時間以内で仕事を終えられる保証はなく、非正規雇用から正社員に昇格したとしても、給与が多くなるだけで、勤務時間が長くなる傾向にあると思ったほうが良いでしょう。

そのため、在宅コーダーに向いている人は、プロ意識をもって仕事に望める、辛い仕事でも稼げる仕事を選びたい、プログラミング言語の学習が辛くない人が該当します。

在宅コーダーの求人

在宅コーダーだけでなく、コーディングの求人は次のサイトで見つかりやすいです。

  • クラウドソーシング(クラウドワークスなど)
  • 求人検索サービス(Indeedなど)
  • 技術者向け派遣登録

在宅コーダーでオススメの求人サイト5選

コーディング未経験者も含めて求人が出ている求人サイトは、次のサイトとなります。

とりあえず掲載されている求人件数が多いサイトを利用したい場合は、「Indeed・求人ボックス」がオススメです。

100件前後の求人を取り扱っているだけでなく、「在宅ワークの求人も取り扱っている」ため、在宅コーダー寄りの求人が簡単に見つかります。無料で利用できるサイトで、キーワードを「在宅 コーダー 未経験」にすると、未経験者向けの求人もまとめて検索できます。

在宅勤務の求人はリクナビNEXT

種類_コーダー_リクナビNEXT

リクナビNEXTでは「在宅勤務」の求人を取り扱っています。

在宅勤務は会社員として勤務できるだけでなく、福利厚生も充実しているのが特徴です。アルバイト・パート・フリーランスより安定した仕事を求めている人は、リクナビNEXTを利用してみると良いでしょう。

技術職の本気の転職はリクルートエージェント

種類_コーダー_リクルートエージェント

リクルートエージェントは、「本気の転職」をサポートしてくれる求人サイトです。

「転職に期待すること」として転職の要望を伝えられるため、「〇〇の条件を満たす転職先を探しているが良い転職先が見つからない・・・」、そんな状況に置かれている人にオススメできます。

給与が良いだけでなく、技術職特有の問題(年間休日日数が少ないなど)でも真摯な対応を取ってくれるため、転職支援実績No.1のサイトとしても評価されています。

タイトルとURLをコピーしました