DTPデザイナーとして働ける!在宅ワークなら自宅でデザインすることが可能

職業_DTPデザイナー

Adobe Illustratorなどデザインソフトを使用して、出版物のレイアウト・デザインを担当するのが、DTPデザイナーの仕事です。DTPオペレーターは、デザイナーの指示に従ってデータを印刷用に修正・加工するため、デザイナーの力量によってDTPの仕上がりに大きな違いが生じます。

DTPデザイナーの仕事内容

DTPは、「DeskTop Publishing(デスクトップパブリッシング)」の略です。DTPは印刷物を制作することを意味します。今では印刷物のデジタル化が進んでいるため、在宅ワークのDTPデザイナーが増えてきました。

DTPデザイン業務で使用するソフト

DTPは印刷物を出力するために専用ソフトを使用します。

Adobe製、Quark製のデザインソフトが主流となっています。

Adobe Illustratorは「月額2480円」で利用できるのですが、サブスクリプションのため、月額2480円という安い料金で利用できるのです。

サブスクリプション方式

サブスクリプション方式(サブスクリプションほうしき)はビジネスモデルの1つ。利用者はモノを買い取るのではなく、モノの利用権を借りて利用した期間に応じて料金を支払う方式。コンピュータのソフトウェアの利用形態として採用されることも多い。「サブスク」とも略される。

出典:サブスクリプション方式 – Wikipedia

DTPデザイナーの勤務先

印刷物を取り扱う企業の多くは、DTPデザイナーを雇用しています。

  • 出版会社
  • 印刷会社
  • 広告会社
  • デザイン会社

これらの企業は、正社員・アルバイトの求人を多く出しているのですが、今では、パソコンとインターネットのみでDTP業務をこなせるため、在宅ワークの求人も出すようになりました。

DTPデザイナーは主婦から注目されている

人材不足の件もあり、DTPデザイナーの求人件数そのものは多いです。

次のような求人が増えてきているため、復職を考えている女性、主婦から人気の職業になりました。

  • 過去にDTPデザイナーとして働いていた人を募集
  • DTP以外のデザイナーの経験がある人を募集

主婦の場合、「主婦業で忙しいから・・・」という理由で、求人に応募できないケースは少なくありません。

そのため、パソコン・インターネットのみで在宅ワークを始められる、DTPデザイナーの人気が上がっているのです。

DTPデザイナーは資格を必要としない

特別な資格が無くても、DTPデザイナーとして働くことは可能です。

在宅ワークの場合も、資格不問の求人が多く見つかるので、デザイナーとしての経験のみで応募できるようになっています。

DTPデザイナーの経験が無い場合も、WEBデザイナーの経験がある人であれば、求人に応募することは可能です。

デザイナーとしての能力が評価される資格

以下の資格は、DTPデザイナーではなくWEBデザイナーに人気の資格です。

ですが、デザイナーとしての能力をPRしたい場合に役立つため、DTPデザイナーにもオススメできる資格となります。

  • WEBデザイン技能検定
  • WEBデザイナー検定
  • WEBクリエイター能力認定試験
  • Photoshopクリエイター能力試験
  • Illustratorクリエイター能力認定試験
  • ITパスポート

独学でDTPを学びたい

DTPデザイナーはスキルを求められる職業です。これは在宅ワークで働く場合も変わりません。

  • 装飾
  • レイアウト
  • 色彩
  • 入稿方法

DTPデザインは、一般的なデザインとは違い「無駄を削る」ことが重要視されます。独学でDTPを学ぶ場合、無駄を削るためにどうすれば良いのか・・・こちらの技術を知らない人が多いので、本気でデザインを学びたい場合は、デザインセンスを磨いてくれる書籍にも目を通したほうが良いです。

  • なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉
  • 入稿データのつくりかた CMYK4色印刷・特色2色印刷・名刺・ハガキ・同人誌・グッズ類
  • けっきょく、よはく。 余白を活かしたデザインレイアウトの本

なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉

あらゆるデザインの基礎がまとまっている書籍です。

「デザインの基礎・ルール・禁止事項」を正確に理解していない場合、まずは、なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉に目を通しましょう。

入稿データのつくりかた CMYK4色印刷・特色2色印刷・名刺・ハガキ・同人誌・グッズ類

入稿データは知っていても、DTPの現場で使われる「CMYK」、「RGB」については詳しくない人にオススメの書籍です。

入稿データのつくりかたは、トンボ・塗りたしのつけ方も解説しているので、DTPについて実践的な学習を進めたい場合にも役立ちます。

そして、現代では「レトロな活版」の人気も上がっています。

従来の方法だけでなく、今だからこそ知っておきたいDTPの知識にも触れているので、デザイン以外の知識も網羅している書籍を探している人には、入稿データのつくりかたがオススメです。

けっきょく、よはく。 余白を活かしたデザインレイアウトの本

DTPの現場で身につく技術に「レイアウト&余白」があります。

レイアウト技術にまとめられている余白ですが、余白をデザインとして解説している書籍は少ないです。けっきょく、よはく。は、そんな余白デザインの専門書として販売されているため、要素・タイトル・サブタイトルを通じて、余白について学びたい人にオススメできます。

また、けっきょく、よはく。では「余白恐怖症」という独自の視点があり、DTP初心者に見られる「余白を埋めようとする行為」に対して、様々な対処法を案内しているのです。

余白を埋めようとするあまり文字を大きくする・・・など、誰もが通る道を面白おかしく解説しているため、他の書籍では見られない独自の切り口がある書籍と言えます。

スクールでデザインを学ぶ

独学でDTPを学ぶことが難しい場合は、スクールを利用するのも悪くありません。ただし、スクールによって学習できるデザインが異なるため、自分にあったものを慎重に選ぶようにしましょう。

TechAcademy 各種料金プランを用意

料金プランが安いだけでなく、TechAcademyは学生・社会人の利用者数が多いです。

転職を意識してWEBデザインを学ぶこともできますし、より実践的なスキルを獲得したい人にもオススメできるスクールです。

身につくスキル

レイアウト・配色・タイポグラフィ、Webデザイン原則
HTML/CSSの理解とコーディングスキル
画像加工・ワイヤーフレーム・Git/GitHubの理解
モバイルデザインの理解とレスポンシブデザイン対応
JavaScriptライブラリ・Sass/Compassによる効率的な制作
オリジナルWebサイトのデザインスキル

Adobe Photoshopは体験版が7日間無料でご利用いただけます。体験版の使用期限が過ぎた場合は製品版をご用意いただく必要があります。料金プランは個人向けで1ヶ月3,180円からとなります。

出典:Webデザイン講座(オンラインスクール) | TechAcademy [テックアカデミー]

CodeCamp コスパが高く評価されているスクール

CodeCampは個別指導に対応しているため、WEBデザインについてわからないことをそのままにせず、みっちりと学べるようになっています。

完全オンラインとなっているので、空いている時間を有効活用できるのも評価が高い理由です。

Webデザイン未経験の方にオススメのコース

  • 現役デザイナーによる手厚い個別指導
  • デザインツールの使い方を基礎から習得
  • Webサイト制作を本格的に学ぶ

まずは無料で、CodeCampをお試しください

出典:デザインマスター・講座紹介|プログラミングスクールCodeCamp

DTPデザイナーの収入

デザイナーは、他の職業に比べてスキルを要求されるため、クリエイティブ系職業の中でも収入が高いです。DTPデザイナーも、正社員・派遣社員ともに収入が高いため、在宅ワークでも人気の職業になりました。

DTPデザイナーの平均年収

職業_DTPデザイナー_平均年収

DTPデザイナーの仕事の平均時給は1,475円!給料ナビで詳しく紹介|求人ボックス

DTP関連の職業は平均年収が約320万円のため、DTPデザイナーは平均年収が高い職業と言えます。

ただし、給与幅が約1150~1940円と広いため、デザイナーとしての経験・スキルによって、収入に大きな違いが生じやすい特徴もあります。

DTPデザイナーの求人

求人検索サービスでDTPの求人を探すと、効率良く求人を探すことができます。

DTPデザイナーに向いている人の特徴

DTPデザイナーとして成長していける人には、次のような特徴があります。

  • 印刷物に広く興味を持っている
  • 細かいところにまで気配りできる
  • コミュニケーション能力が高い

DTPデザイナーに求められているものは、デザインスキル、そして、印刷物について広く学んでいるかどうかです。

そのため、日頃から様々なデザインに触れる努力をしている、新しいデザインに興味を持てる人というだけでも、デザイナーの素質は十分にあります。

細かい気配り、責任感も求められる

誤った対応がある場合、デザインの仕事は「やり直しになる」という性質があります。

これでは再度コストがかかってしまうため、絶対にあってはいけないトラブルです。そのためデザイナーは、そのようなミスが起きないように配慮・対処できないといけません。

しかも、デザインの仕事は「納期を守らないといけない」ため、責任感の無いデザイナーでは務まらないのです。

そのため、トラブル・コミュニケーションに配慮できる人物ほど、DTPデザイナーに向いていると言えます。

DTPデザインは多くのスタッフと一緒に働くことが多く、これは在宅ワークであっても同じです。なので、デザイナーとして「自分のやりたいデザインを担当できる」という考えを持っている人より、スタッフに配慮して仕事をするよう努力できる人であれば、DTPデザイナーとして優秀と言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました