在宅でイラストレーター!在宅ワークであればフリーランサーとしても活躍できる

種類_イラストレーター_手

WEBデザイナーに似ていますが、在宅ワークのイラストレーターはキャラクターを描いたり、ロゴを作成するなど、フレキシブルな対応を求められます。在宅ワークの場合、何も知らずに求人に応募してしまうと高収入を得られないこともあるので、自分のスキルを活かせる求人・相場を知っておきましょう。

イラストレーターの仕事内容

他の在宅ワークとは違い、イラストレーター未経験の場合、フリーランスとして活動するのは難しいでしょう。イラストレーターで定番の仕事をこなせない場合は、求人に応募したとしても、書類選考を通過することが難しいです。

イラストレーターで定番の仕事

在宅ワークのイラストレーターは、次のような仕事を任されることが多いです。

  • 広告などのデザイン
  • キャラクターデザイン
  • 出版物に使用される絵

クライアントとの打ち合わせに行くことも多いので、イラストレーターとしての技能・コミュニケーション力が試される在宅ワークとなっています。

人気の仕事 絵本イラストレーター

キャラクターデザインで有名な職業は絵本イラストレーターです。

  • 絵本の挿絵を描く
  • 絵本のキャラクターを描く
  • 絵本の構成を担当する

絵本イラストレーターは、「子ども視点で絵本を描く」ことが重要視されます。

そのため、主婦のような子育て経験のあるイラストレーターが、絵本イラストレーターとして活躍している状況です。

絵本は低年齢層のみをターゲットにしているわけではないので、年齢層によってイラストのタッチ・構成を練ることができる人ほど、経験者として優遇されます。

高収入が期待できる テクニカルイラストレーター

広告などのデザイン、出版物に使用される絵というのは、スキルの高いイラストレーターが担当します。

イラストレーターの求人では、テクニカルイラストレーター・メディカルイラストレーターとして募集されているものが該当します。

  • テクニカルイラストレーター:投影図・分解図のイラスト
  • メディカルイラストレーター:解剖図など医療・生物のイラスト

キャラクターデザインのイラストレーターとは違い、特殊な作業環境でイラストを描ける人は少ないです。

在宅ワークのフリーランサーも同じ状況なので、他のイラストレーターの求人よりも、高収入を保証している求人が多く出ています。

イラストレーターの実態

これからイラストレーターになりたい人は、在宅ワークの実態を知っておいたほうが良いです。気軽に始められる在宅ワークですが、誰もがイラストレーターになれるわけではありません。

フリーランサーであっても絵を描くだけでなく、コミュニケーションを要求されるケースが増えてきました。

自由に創作活動できるわけではない

どんなデザインの仕事にも言えることですが、イラストレーターは好きな絵を描いて良いわけではありません。

  • すでに存在するデザインの模倣
  • クライアント指定のデザイン

今では、キャラクターデザイン、出版物に使用される絵を作る仕事が多くなってきました。

これらの絵は自由に描いて良いものではないため、自分のスキルのみで新しいデザインを生み出して良いわけでは無いのです。

「〇〇を参考にして」と言われることが多く、ゆったりと絵を描けるケースは稀でしょう。

イラストレーターに向いている人

在宅ワークの場合、フリーランスとしてポートフォリオを求められることが良くあります。

これはイラストレーターも同じなので、経験者であることを明示できる人ほど、イラストレーターの求人では採用されやすくなるでしょう。

  • ポートフォリオを提出できる
  • 実績のURLを提出できる
  • デザイン専門学校を卒業している
  • デザインのスキルを磨いている

ポートフォリオの提出が難しい場合は、制作に携わったURLを実績として提出すれば問題ありません。

また、イラストレーター未経験者は採用されないと決まっているわけではないです。

デザインのスキルを磨くために、Adobe製「Photoshop・Illustrator」を使用されている場合、最低限の知識・スキルを有していると判断されることもあります。

イラストレーターの収入

個人的に調査したところ、イラストレーターの平均年収は約290万円でした。年収500万円以上のイラストレーターは少なく、高収入を得たい場合は、ロイヤリティを得られる職業を選択するのがベストです。

働き方で収入が変動する

在宅ワークを含むイラストレーターの働き方は、大まかにまとめると5種類あります。

  • 印刷会社:年収250万円ほど
  • コンテンツ制作会社:年収270万円ほど
  • 広告代理店:年収290万円ほど
  • デザイン事務所:年収300万円ほど
  • フリーランサー:年収300万円以上

フリーランサーのイラストレーターは稼げるように見えますが、経験が浅い人の場合、年収が200万円を切ることもあるので注意してください。

これから確実にイラストレーターとしてスキルアップ・年収アップを図る予定であれば、フリーランサー以外の求人に申し込んだほうが良いです。

イラストレーターの5割は年収100万円未満

統計を用いてイラストレーターの年収を確認すると、次のような結果になりました。

  • 年収100万円未満:約53%
  • 年収200万円未満:約25%
  • 年収350万円未満:約13%
  • 年収500万円未満:約6%
  • 年収500万円以上:約3%

このような結果になっている理由は、ネットを介して気楽にイラストレーターになれるからです。

イラストレーターといっても、副業感覚で絵を描いている人もいますし、不定期にしか仕事が発生しないケースもあります。

仕事内容によっては、「歩合制のイラストレーターの仕事」もあるので、収入が安定していないイラストレーターが増えてきました。

ロイヤリティを得るためには?

イラストレーターでロイヤリティを得たい場合、一般的なイラストレーターとは別のことをしないといけません。

  • ロイヤリティ画像があるサイトにデザインを提供する
  • イラストレーターとして有名になる

フリー素材・画像を取り扱っているサイトでは、「イラストレーターに寄付をする」、「有料の画像が売れると報酬が発生する」仕組みがあります。

そのため、人気の高いイラストを描ける人であれば、ロイヤリティフリーのサイトを通じて、副業感覚でロイヤリティを得ることが可能です。

イラストレーターとしての知名度を上げる方法

イラストレーターとして有名になりたい場合は、SNSを通じてデザインセンスを認めてもらうと良いでしょう。

SNSではTwitter・Instagramを介して、情報を発信することができます。

ですが、今では文字のみの発信ではなく、イラスト・漫画を描くことで注目を集めている人もいるのです。

イラストは似顔絵レベルで問題無く、SNSを通じて依頼を受けて対応するだけとなります。

漫画は、「4コマ漫画」ほどのボリュームで問題ありません。

SNSの利用者は世界的に見ても多く、その影響もあって、SNSを通じて人気のイラストレーターを探している企業が増えてきました。

SNSで有名になることは、イラストレーターとして躍進するための活動というのが、現代らしいSNSの上手な活用方法です。

イラストレーターの資格

イラストレーターの場合、資格よりも実績が高く評価されます。ですが、イラストレーターの求人で採用されやすい人物になりたい場合は、人気イラストレーターが保有している資格も知っておいたほうが良いでしょう。

  • Illustratorクリエイター能力認定試験
  • Photoshopクリエイター能力認定試験
  • アドビ認定エキスパート(ACE)
  • CGクリエイター検定
  • 色彩検定
  • カラーコーディネーター検定試験

Illustratorクリエイター能力認定試験

Illustratorクリエイター能力認定試験は、Adobe製「Illustrator」のオペレーションスキルを認定する試験です。

Illustratorクリエイター能力認定試験に合格することで、Illustratorのスキルを有している人物であることを証明できます。

  • 描画作成
  • 文字入力
  • 着色

スキルの高さは「スタンダード」、「エキスパート」の階級で分かれます。

エキスパートのほうが、より実践的なスキルを有していると判断されるため、デザイナー・クリエイターとしての活動を予定されている場合、エキスパートで試験を受けたほうが良いでしょう。

Photoshopクリエイター能力認定試験

Photoshopクリエイター能力認定試験は、Adobe製「Photoshop」のオペレーションスキルを認定する試験です。

Photoshopクリエイター能力認定試験に合格することで、Photoshopのスキルを有している人物であることを証明できます。

  • 写真の補正
  • デザイン
  • イラスト

Photoshopクリエイター能力認定試験にも、「スタンダード」、「エキスパート」の階級があります。

そのため、実践的なスキルを有していることを証明したい場合は、エキスパートを選択したほうが良いでしょう。

アドビ認定エキスパート(ACE)

アドビ認定エキスパート(ACE)は、Adobe製「Illustrator」、「Photoshop」の専門知識・スキルを有していることを証明できる資格です。

認定レベルが存在し、Adobe製イラストソフトのスキルによって、受けられる試験が変わる特徴があります。

  • 単一製品認定
  • スペシャリスト認定
  • マスター認定

CGクリエイター検定

CGクリエイター検定は、CG技術を有していることを証明できる検定です。

  • 映像表現技術
  • CG理論・知識
  • CG制作ソフト
  • オペレーションスキル

上記のスキルは、デザインの専門職であるCGディレクター・CGアニメーター・CGデザイナーとして認められるために必要です。

階級は「ベーシック」、「スタンダード」に分かれています。

色彩検定

色彩検定は、「公益社団法人 色彩検定協会」が主催・認定している検定です。

色彩検定に合格することで、次のスキルを有していることを証明できます。

  • 色彩を活用するための知識・技能
  • 色彩の理論・系統の理解

カラーコーディネーター検定試験

カラーコーディネーター検定試験は、色彩検定と同じで色彩に関するスキルを認定する検定試験です。

カラーコーディネーター検定試験は、「商工議会所」が主催・認定している検定のため、同種の検定試験ではありません。

カラーコーディネーター検定試験に合格することで、次のスキルを有していることを証明できます。

  • 工業的分野の知識・技能
  • 級ごとの分野に関する色彩

階級は1~3級が存在し、1級だけでも「ファッション」、「商品」、「環境」の3つの分野に分かれます。

イラストレーターの求人

在宅ワークの場合、フリーランサーとして働く、バイトとして働くケースが多いです。ケースによって求人サイトを使い分けたほうが良いので、クラウドソーシング、もしくは求人検索サービスの利用をオススメします。

クラウドソーシングで求人を探す

人気のクラウドソーシングでは、クラウドワークス・ランサーズがオススメです。

発注数が多いだけでなく、デザイン関連の職業を多く取り扱っているため、未経験からイラストレーターのスキルアップを図ることができます。

求人検索サービスで求人を探す

求人検索サービスの大手は、Indeed・求人ボックスです。

Indeed・求人ボックスともに、求人件数が1000件以上と多いので、求人情報をまとめて知りたい人にオススメできます。

今では、ソーシャルメディアのデザイナー・漫画家・ゲームデザイナーとしても、イラストレーターの求人は出ています。

ただし、「在宅ワーク以外の求人も出ている」ので、本当に在宅ワークで募集を行っているのか・・・、こちらも確認してから応募するようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました