情報の収集・調査だけ!?スキルを活かせるマーケティングリサーチの在宅ワーク

職業_マーケティングリサーチ

マーケティングリサーチは職業上、パソコンのみで仕事を始めることが可能です。そのため、在宅ワークに対応している職業なのですが、情報収集以外の仕事を任されることもあるため、在宅ワーク経験が多い人のほうが優遇されます。

マーケティングリサーチの仕事内容

マーケティングリサーチは、「市場調査」で求人が出ているケースもあります。市場というのは、インターネット上の店舗・サービスであったり、リアルの店舗・サービスを指していることが多いです。

マーケティングリサーチとして仕事を行う場合、これらの規模・人気商品などの情報収集を行うことが良くあります。

ショッピングサイトで情報収集するケースがほとんど

マーケティングリサーチの具体的な仕事内容は次のとおりです。

  • ショッピングサイト(Amazon・楽天など)で情報収集
  • 海外のショッピングサイトで人気が高い日本の商品を調査

ショッピングサイトで情報収集をすることが多いため、アクセサリー・アパレル・トレンド商品などに詳しい人であれば、マーケティングリサーチの仕事に慣れるのは簡単でしょう。

その他のケースでは、「ExcelにまとめられているサイトURLをクリック」して、特定のページから情報をコピーペーストするだけの仕事もあります。

マーケティングリサーチは情報収集のみで仕事を終えられるため、特別なスキルを求められることはありません。

ライティングを求められるケースもある

ライティングとは執筆のことで、マーケティングリサーチの場合は、収集した情報の解説文がライティングに該当します。

「自分なりの評価・感想をまとめる」だけで良いため、高いライティングスキルを求められるわけではありません。

文字数にして300文字以内でまとめるケースが多く、ライティング分の報酬も発生するため、単価の良いマーケティングリサーチの求人を探している場合は、ライティング分の作業があるか確認してみると良いでしょう。

マーケティングリサーチの収入

在宅ワークの場合は副業に近い収入となるので、1件・1回の仕事につき収入が発生する仕組みになっています。正社員・派遣社員に比べると収入が少ないため、マーケティングリサーチの経験が少ない場合は、時給が1000円未満になるケースも少なくありません。

求人ボックス リサーチャーの平均年収

職業_マーケティングリサーチ_平均年収

リサーチャーの仕事の平均年収は約576万円。日本の平均年収と比較すると高い傾向にあります。
月給で換算すると48万円程度が相場のようで、派遣社員では平均時給が1,650円となっています。

正社員の給料分布を見てみるとボリュームが多いのは583〜652万円の水準で、平均年収の576万円はこのゾーンよりも低い水準に位置しています。
全体の給与幅としては376〜929万円と比較的広いため、勤務先や経験・求められるスキルによっても大きな差があると見受けられます。

出典:リサーチャーの仕事の平均年収は576万円!給料ナビで詳しく紹介|求人ボックス

1回あたり1件あたりで収入が発生する

在宅ワークのマーケティングリサーチは、それほど収入が高いわけではありません。

  • 1回10円~
  • 1件1000円~

情報収集を行う場合は、特定の情報をExcel・スプレッドシートにコピーペーストするもので、1回分10円~となっています。

報酬が安いように感じるかもしれません。ですが、マーケティングリサーチの仕事の多くは単純作業を行うだけなので、在宅ワークのデータ入力と同じような単価となっています。

1件1000円~についても、情報収集以外の作業をこなせる場合は、1回10円~より収入が良くなるだけです。

ココナラの単価を参考にすると、情報収集後にデータの整理・分析も行えるので、「1件10000円以上の情報収集」の出品が見つかりました。

マーケティングリサーチの仕事で人気の「〇〇関係者にインタビュー・アンケート」は、1件3000~5000円の出品が目立ちます。

なので、情報収集プラスアルファの対応が可能な人でなければ、時給1000円以上の収入になるケースは少ないと思ったほうが良いでしょう。

マーケティングリサーチの求人

正社員・アルバイトの求人を探している場合は、Indeed・求人ボックスがオススメです。スキルマーケットのココナラでも、マーケティングリサーチの求人は見つかります。

タイトルとURLをコピーしました