在宅ワークでも校正を一から学べる!校正・編集の在宅ワークは女性に人気

職業_校正

テレビやネットで注目を集めている校正・編集ですが、在宅ワークの求人が見つかりやすいことでも有名です。今では、自分のスタイルで働きたい女性が増えているため、自由な時間に働ける在宅ワークの校正・編集が人気となっています。

校正・編集(在宅ワーク)の仕事内容

会社勤務の校正者と、在宅ワークの校正者は仕事内容が異なると思ったほうが良いです。

会社勤務の場合は、1人、もしくは2人以上で校正・編集の仕事を担当するのですが、在宅ワークの校正・編集は、1人で対応可能な範囲内で仕事を請け負うことが多いです。

校正者の仕事は幅広いため、簡単に在宅ワークの求人を探っただけでも、10を超える作業が見つかりました。

  • 原稿内容と制作物を比較する仕事
  • 依頼元は出版社の編集者が多い
  • 制作物に間違いがあった場合は赤ペンなどでチェックする
  • カタログ、出版物、広告を校正することが多い
  • WEB上で構成を行うこともある
  • 構成を行った後は担当者に確認してもらう
  • 修正箇所をまとめた後はライターに修正依頼を出す
  • 難しい校正では書体、組方といった誤植の確認も行う
  • 在宅ワークの場合はメールのみで仕事の依頼を受けることが多い
  • 打ち合わせありの案件もある

校正・校閲(こうえつ)の違い

校正は校閲(こうえつ)では無いので、原稿段階からの編集を担当する仕事ではありません。

校閲の在宅ワークも存在するのですが、こちらは経験者のみ応募可能となっている求人が多いので、未経験者では、求人に応募できないことが多いです。

校閲の仕事内容は校正と似ていて、「文章・原稿を良く読む」ところは同じです。

しかし、校閲の場合は「内容が正しいか」を読み解かないといけません。校正が文章のみに対して作業を行うのであれば、校閲は表現の誤り、事実関係についてもチェックしないといけない職業です。

校正・編集に問われることは責任感・正確さ

校正・編集は、在宅ワークであっても責任感が問われる仕事となっています。

毎日マニュアルに従って同じ内容の仕事をコツコツ進めないといけませんし、校正・編集の仕事は、知らない専門用語が良く出てくる職業なのです。

そのため、校正・編集は専門用語を辞書・パソコンで調べるのも仕事で、その作業が正確な人ほど、校正・編集の能力が高い人物となります。

つまり、調べ物が得意な人ほど校正・編集に向いているのです。

検索に慣れるのも、校正・編集の仕事となっているので、調べ物をすることが苦ではない人ほど、上手に在宅ワークをこなせるでしょう。

校正・編集(在宅ワーク)の収入

在宅ワークの校正・編集は、3000文字の案件で600円ほどの報酬を得られるケースが多いです。

時給換算ベース、固定給の案件は少ないのですが、大手の出版社から依頼が出ているケースでは、経験に応じて報酬の相談を行えるため、経験が活きる職業と言えます。

会社勤務、在宅ワークで収入は大きく違う

在宅ワークの校正・編集は、仕事内容が似通っている在宅ワークのライティングと比べて、高収入の求人が多いです。

経験を活かして少しでも多く稼ぎたいと考えている人であれば、ライティングより、在宅ワークの校正・編集を選んだほうが良いかもしれません。

会社勤務の場合、校正・編集の平均年収は350万円ほど(転職ステーション校正者の年収参照)となっています。

在宅ワークの場合では、月20万円以上の収入を得ている人が多いため、安定した収入を得られる在宅ワークであるのは確かでしょう。

校正・編集(在宅ワーク)の資格

在宅ワークでも、校正・編集のスタッフとしてスキルアップするには、校正者のスクールを修了する、もしくは、技能検定試験を合格することが重要です。

校正・編集のスクール・技能検定試験情報を探している方は、以下を参考にしてください。

校正・編集の資格を取得することの意義

校正・編集のスクールを卒業されている場合、構成者クラブに所属できる利点があります。

構成者クラブに所属していると、校正関連の求人情報を得られるようになっていますし、求人情報は定期的に配信される仕様のため、個人で関連情報を集める手間を省くことができるのです。

在宅ワークの校正・編集は、未経験者も応募可能な求人はあります。ですが、アルバイトで現場経験を積まれている人であれば、幅広い校正・編集の求人に応募できるようになるのです。

経験によっては、校正・編集の収入も安定するようになるでしょう。

校正者の仕事は、以下のような校正者以外の経験・経歴を積まれている人も積極採用されるため、様々な経験・経歴があるのに、アピールポイント無しで応募するのはもったいないです。

  • 学校教師の実務経験がある
  • 塾講師の実務経験がある
  • 専門職の経歴がある
  • 在学時にWord、Excelを学んだ
  • Word、Excelの技能検定試験に合格している

校正・編集の求人で役立つ専門職は多種多様

専門職の経験は多種多様で、医師のような仕事のみ専門職と言っているわけではありません。

貿易関係、金融関係、書籍の出版に携わっていた、農家、漁師について詳しいという人も、校正・編集では、専門職の経験があると判断されることがあります。

アピールポイントになりそうなものはすべて記入し、求人に応募したほうが好印象となるでしょう。

もし、無資格・未経験者の状態から校正・編集の道を目指すのであれば、在宅ワークのライティングから仕事の経験を積むのも賢明です。

在宅ワークのライティングは、他の在宅ワークに比べて高収入の求人が多いので、経験を積める、安定した収入も得られる人気の職業です。

校正・編集(在宅ワーク)の求人

在宅ワークのデータ入力・ライティングと比較すると、求人件数は特別多いわけではありません。そのため、求人検索サービス(Indeedなど)以外で求人件数した場合、求人件数が10件未満のケースもあるので注意してください。

Indeed・求人ボックスで経験者・未経験者の求人が見つかる

在宅ワークの校正・編集の求人情報を、求人検索サービスのみでまとめてみました。

「在宅 校正 未経験」のリンクをクリックすると、校正未経験者向けの求人が見つかります。

求人検索サービス以外で校正・編集の求人探し

求人検索サービス以外では、校正・編集の求人がまったく見つからないわけではありません。

この通り、校正・編集の求人は見つかるのですが、求人件数が1~20件の求人サイトが多いです。もしくは、在宅ワークに対応していない、正社員のみ募集している、紹介予定派遣・派遣社員として勤務する前提の求人が多く見つかりました。

その他の難点としては、事務作業・ライティングの求人が混ざっているものもあります。

そのため、こちらも意識して自分に合った求人となっているか確認し、問題なければ求人内容を読み進めるようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました