検索エンジン最適化の職業!実力次第では独立も目指せる在宅ワークのSEO

職業_SEO

在宅ワークのSEOも、SEOを意味する「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」に取り組む職業です。在宅ワークのライティングと似ていると言われることもありますが、SEOは、キーワード検索で上位に入ることを目指さないといけません。

SEO(在宅ワーク)の仕事内容

検索エンジン最適化とは、「Google・Yahoo」のような大手の検索エンジンに対して、どのようなアプローチが良いか決めることです。そのため在宅ワークのSEOでも、次のような仕事の求人が多く見つかります。

  • SEOの依頼前に打ち合わせ
  • SEOの具体的な内容をまとめる
  • SEOの課題を調査・分析
  • SEOの改善案を提案・実行

すべてのSEOをまとめて任されることはない

在宅ワークのSEOの中には未経験者向けのものもあります。

「未経験でもSEOはできるのか」と思ってしまいますが、「文章のリライト(書き直し)」程度もSEOに分類されるので、最初から難しい仕事をこなすわけではありません。

そのため、在宅ワークのSEOとして任される仕事の多くは、ライティング・リライト・SEO用の調査・分析とされています。

具体的な検索エンジン最適化の内容

検索ユーザーのことを考えているサイトもあれば、あまり考えていないサイトもあります。

あまり考えていないサイトは次のような問題を抱えているため、検索エンジン最適化で使いやすいサイトに変えないといけません。

  • 検索ユーザーの欲しがっている情報が無い
  • ページ内の情報量が少ない
  • サイトデザインが古臭い
  • サイトのユーザービリティが低い
  • ペナルティの放置

在宅ワークのSEOでは、ライティング・リライトを任されることが多いです。

ライティング・リライトを正しく行うことで、「情報の質・量」ともに正常になります。これも検索エンジン最適化では重要で、情報の質・量が低いと判断されるサイトは、キーワード検索で上位表示されにくいのです。

サイトデザインが古臭い場合、ユーザービリティと呼ばれている「使いやすさ・満足度」が低いサイトについても、「ランディングページからの離脱率が上がる」問題が発生します。

そのため、在宅ワークのSEOの中には「WEBデザイナー」のような、サイトデザイン中心の求人も見つかるのです。

SEOと重要な関わりがあるペナルティ

ペナルティを放置していると、段々とキーワード検索順位が下がる、急にキーワード検索に引っかからなくなるので危険です。

ペナルティが発生するケースは多いため、サイト運営者の中には、ペナルティが発生しないサイトを構築できる人物・企業を頼りにするケースが多くなっています。

その影響でSEOのプロに依頼することも増えているため、在宅ワークのSEO求人が増えているのです。

  • 関連性の低い情報が目立つ
  • 不自然なリンクが多い
  • 画像のみなど明らかにテキスト量が少ない
  • 不正なリダイレクトがある
  • ハッキング・スパム行為の問題が発生している
  • すでにドメインがペナルティ持ち

他にも、「metaタグの設定がおかしい」、「canonicalが設定されていない」、「Ping(更新情報サービス)に問題がある」といった、サイトを構築する上で発生する問題を、的確に対処できるかも問われるのがSEOという職業です。

SEO(在宅ワーク)の収入

SEOは求人数、作業量そのものは多いため、安定的に稼げる在宅ワークとして知られています。ですが、SEOディレクターの平均年収が450~500万円とされているので、他の在宅ワークに比べて稼ぎが特別良いわけではありません。

ネットの普及でSEOの需要は高まっている

現代のビジネスの多くはリアルからネットへの移行が多いため、在宅ワークのSEO求人も増えています。

そのため、これから先も需要が高まる在宅ワークとして、SEOは注目されているのです。SEOの収入は、プロジェクトの規模・コンサルタント業務・営業職として提案を行うのかといった、職業によって異なる性質があります。

なので、SEOディレクターの平均年収は参考にする程度が好ましいでしょう。

SEO(在宅ワーク)の資格

在宅ワークのSEOを始める場合でも、有名なSEOの資格を取得していたほうが、求人の採用率が上がりやすくなると言われています。

SEOの職業上で必要な資格は2種類

SEOマーケティングアドバイザー認定試験は、SEOの理解・WEBマーケティング知識・プロフェッショナルの教養を持っているか確かめるものです。

認定SEOコンサルタントは、社団法人全日本SEO協会が実施する試験に合格すると取得できます。SEOコンサルティングを学ぶためのもので、コンサルタント業務を行う上で必要な技術を学べるのが特徴です。

認定SEOコンサルタントの講座期間は3ヶ月間と長いです。

しかし、修了後は認定SEOコンサルタントの資格を得られるだけでなく、認定後も研修に参加できる特典が与えられます。

そのため、在宅ワークも含めてSEOを本気で学ぼうと考えている方は、認定SEOコンサルタントに応募されると良いでしょう。

SEO(在宅ワーク)の求人

一般的なSEOの求人は、「経験者を求めている」求人が多いので注意してください。また、求人サイトによっては求人件数が少なく、企業のスタッフ募集についても現在は募集していないといった、これらの問題を抱えているケースが少なくありません。

大量のSEO求人を探している人には求人検索サービスがオススメ

SEOの求人でも、求人件数が大量で有名な求人検索サービスは、Indeed・求人ボックスの2サイトです。

検索エンジン最適化の経験が無い人は、「在宅 SEO 未経験」のリンクをクリックすると、未経験者OKの求人が見つかるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました