在宅ワークで人気のデータ入力!タイピング能力が重要な在宅ワーク

始める_タイピング

タイピングの速さに自信がある人は、データ入力の在宅ワークと相性が良いかもしれません。データ入力は地味な在宅ワークなのですが、求人数が多いため長く続けることが可能です。今では、スマートフォンの影響でタイピングに慣れていない人が増えているため、タイピング技能そのものが重要視されるようになりました。

在宅ワークのデータ入力の種類

データ入力はパソコン操作に問題がない人であれば、在宅ワークを始めることは難しくありません。データ入力の仕事は覚えることも多くないため、在宅ワークの経験が少ない人にもオススメできます。

データ入力の仕事は単純

不動産会社の資料データ(PDFなど)を、そのままExcelに入力するような作業も、データ入力の仕事です。

単純作業が多いため、コツコツ作業をするのが好きな人ほど向いていると言えます。

データ入力には応用版もある

データ入力の仕事の中には、コピーペーストを多用するタイプのものもあります。

データ入力は、Excel上にデータをコピーするだけのものもあるので、タイピング速度が遅い人ではこなせない仕事と決まっているわけではありません。

データであれば問題無いので、ネット上の画像データ・商品データを収集するだけの仕事もあります。

在宅ワークのデータ入力と相性が良い人

データ入力は、在宅ワークの中でも安定した時給・報酬となっています。

そのため、入力作業が得意な人であればあるほど、高い収入を得られるチャンスが生まれるのです。

  • 同じ作業をミスせず繰り返せる
  • タイピング速度を上げる努力を続けている
  • パソコンのエクセル、ワードも使える
  • 打ち合わせの電話、メール、チャット対応が可能
  • 納期を意識したスケジュール管理

在宅ワークの仕事は楽なものが多いと言われていますが、実際は、データ入力であっても必要な技能を備えているか、仕事に対する責任感はあるか問われます。

そのため、今までまったくパソコンを利用したことが無い人は、作業マニュアル、仕事前の研修ありのデータ入力を選ぶようにしましょう。

案件の数は在宅ワークの中でも特に多いので、長く在宅ワークで収入を得たい人であれば、データ入力の案件に応募することをオススメします。

在宅ワークのデータ入力の収入は特別高くない

データ入力で収入を得るパターンは、以下の2種類で得られるようになっています。

  • 時給計算
  • 成果報酬型

データ入力は、在宅ワークのものでも時給に換算すると900円を超える程度です。

ですが、時給計算ベースのデータ入力は成果報酬型よりも、実は多くの収入を得られるケースが多いので、これからデータ入力を始める人は、時給計算ベースのものを選ぶと良いでしょう。

なぜ成果報酬型は得られる収入が少ないのかというと、以下のような問題を抱えているからです。

  • 作業量が少ない
  • 依頼量が少ない
  • 報酬を少なくしている案件が多い

昔であれば、1文字のデータ入力が1円というふうに、安定した稼ぎを得られるようになっていました。

ですが今では、クラウドソーシングサービスの利用者が急増していることもあり、1文字1円のデータ入力はまったくと言ってよいほど見つかりません。

時給計算では700円を超えない案件も増えているので、作業量、収入ともに安定しているのは時給計算ベースのデータ入力です。

在宅ワークのデータ入力は資格不問

在宅ワークの求人に応募しない人の多くは、資格が無いと雇用してもらえないと思っているため、応募そのものに萎縮しているケースが目立ちます。

ですが、タイピングによって仕事が成立する案件は、データ入力も含めて無資格でも応募できるようになっているのです。

そもそもデータ入力作業というのは、書類といった媒体に記載されている文字、数字を、パソコン操作によって置き換えるだけのものを言います。

つまり、未経験者であっても仕事を覚える気持ちがある人であれば、雇用されないケースのほうが少ないと思って問題ありません。

ただし、応募資格に事務経験が1年以上の人、女性のみのような記載がある場合は、専門的な人物を積極採用していると思ったほうが良いでしょう。

データ入力はタイピング速度が重要

データ入力の求人に応募してみるとわかりますが、在宅ワークであってもタイピング速度を問われることが多いです。ブラインドタッチの技能は必須となっていないのですが、タイピングについては細かく聞かれることが多いため、事前に自分のスキルを知っておいたほうが無難でしょう。

タイピング速度測定(無料)で速度を測ってみよう

種類_データ入力_タイピング

タイピング速度測定(タイ速) | 30秒のタイピングゲームでは、無料でタイピング速度測定が行えます。

画像は管理人のタイピング速度となりますが、ブラインドタッチに慣れている人であれば、さらに上を目指すことは難しくないでしょう。

S判定・A判定ともにタイピング速度は実務レベルに達しているので、これからタイピング速度を向上させたい人は、とりあえずA判定を目指してみると良いです。

データ入力のタイピングは正確性を重視している

タイピング速度測定サイトでは、「ミス数」もカウントしてくれます。

データ入力の求人では、在宅ワークであってもミスが少ない人を優先的に採用しているので、素早くブラインドタッチできるよりもミスが少ない人のほうが良いです。

副業・バイトとしてデータ入力を始めたい

在宅ワークだけでなく、データ入力の求人は副業・バイトでも見つかります。

  • 顧客データ
  • 名刺、手書き伝票
  • アンケート結果
  • 企業が持つ古い情報
  • 住所、その他の連絡先

在宅ワークと似通ったデータ入力が多く見つかります。

データ入力は単純作業のため、在宅ワークより副業・バイトのほうが楽しい、仕事を満喫できるという保証はありません。

上記のような事務作業の経験がある人ほど、在宅ワークと同じで採用されやすく、待遇についても優遇されやすくなります。

副業・バイトの収入

在宅ワークと同じで、基本的に時給換算で1000円を超える可能性は小さいです。

まれに、副業・バイトのデータ入力で時給1300円のような、高収入の求人が見つかることもあります。ですが、こちらは「事務作業経験者を募集している」ことが多いので、未経験者の場合は、高収入になる可能性は低いと思ったほうが良いでしょう。

もし、データ入力の経験が無い状態で収入を良くしたい場合は、シフト制の副業・バイトを選んだほうが良いです。

その他では、夜間のみの求人を探す、英文のデータ入力の求人がないか探してみると良いでしょう。

女性の場合、オペレーター勤務と呼ばれるコミュニケーションが要求される仕事もオススメです。こちらは収入が高く、1年以上の長期勤務の実績も多いため、人気のデータ入力となっています。

副業・バイトの求人探し

以下のクラウドソーシングサービス、転職サイトを利用することによって、副業・バイトのデータ入力が見つかりやすくなります。

副業・バイトでも、求人数が多いサイトはクラウドワークス、ランサーズのようなクラウドソーシングサービスです。

ですが、クラウドソーシングサービスは単発の仕事が多いので、長期勤務の求人も取り扱っているサイトが良い場合は、タウンワーク、バイトルで求人探しを進めると良いでしょう。

補足となりますが、データ入力の求人は長期勤務可能なものであっても、正社員登用の可能性は低いです。

もし将来的に正社員に登用されたい・・・と考えている場合は、正社員登用制度を取り扱っている派遣会社で相談、登録を進めるようにしてください。

在宅ワーク、副業・バイトとして収入を得る場合は、短期の仕事が多く、収入についても正社員、派遣社員より少ないと割り切ったほうが良いでしょう。

データ入力の求人はハローワークで取り扱っている?

在宅ワークのデータ入力の求人を取り扱っておらず、ハローワークでは在宅勤務のデータ入力の求人を取り扱っています。在宅勤務というのは、企業と雇用関係を結ぶテレワークを言いますので、在宅ワークよりも在宅勤務のほうが良いという人は、ハローワークで求人探しを進めると良いです。

ハローワークはデータ入力の求人数が少ない

Indeed、求人ボックスといった大手の求人検索サービスと比べて、ハローワークの求人数は多くありません。

これはクラウドワークス、ランサーズのようなクラウドソーシングと比較した場合も同じです。そのため、求人数が多いサイトで求人探しを進めたい場合は、ハローワークを避けるのも一つの手段でしょう。

ハローワークでデータ入力の求人を確認する

2020年3月5日の検索結果では3件の求人が見つかりました。

データ入力のみの求人は見つからなかったので、在宅勤務専門の求人サイトと比較して物足りなさを感じます。

ハローワークで在宅勤務の求人を探す方法

以下の手順で求人検索を行うだけで、在宅勤務のフィルターをかけた求人探しを行えます。

1.ハローワークにアクセス

2.「仕事をお探しの方」欄の「求人情報検索」をクリック

種類_データ入力_ハローワーク_検索1

3.「フリーワード」欄に「検索したいワード(※今回はデータ入力)」を記入

4.「フリーワード」欄の右下にある「詳細検索条件」をクリック

種類_データ入力_ハローワーク_検索2

5.最下部の「その他」欄にある「在宅勤務」をクリックし、OK→検索と進める

タイトルとURLをコピーしました