未経験でも求人に応募できる!注目の在宅ワーク 動画編集はどんな仕事?

種類_動画編集

YouTuberになるよりも動画を加工したい、そんな人にピッタリの職業は動画編集です。今では、在宅ワークに対応した動画編集の求人が増えているだけでなく、一から学べる未経験者向けの求人まで増えてきました。

動画編集の仕事内容

在宅ワークの動画編集でも、YouTubeに投稿する動画の編集が多いです。そのため、動画編集ソフトを使ったことがある人でも、動画編集の求人に応募することができます。

動画編集の仕事の種類

動画編集の仕事を大まかに分類すると、次のような種類に分類することができます。

  • YouTube投稿用の動画編集
  • プレゼン用の動画編集
  • 家族用の動画編集

YouTube投稿用というのは、YouTuberなど、ほぼ毎日で動画を投稿している人物からの依頼です。

動画編集用のパターンが決まっているものは簡単に編集できるのですが、オープニング・エンディング・サムネイルなど、細かい指示に沿って編集しないといけないものもあります。

プレゼン用の動画は企業から依頼されることが多く、家族用の動画編集についても、企業に依頼されたものを在宅ワークとして対応するケースが多いです。

動画編集で求められるスキル

経験者やベテランが求められている求人でなければ、次のようなスキルを有しているだけで採用されることもあります。そのため、動画編集は未経験でも始められるのです。

  • 動画の分割
  • テロップの挿入
  • BGMの挿入
  • カット編集(トリミングなど)

未経験にオススメ YouTubeの動画編集

在宅ワークの動画編集の求人を探すと、YouTubeなど、動画共有サイト投稿用の動画を編集する求人が多く見つかります。

その理由ですが、YouTubeに投稿される動画の多くは、初歩的な対応のみで投稿できる状態になるからです。

  • テロップの挿入
  • カット編集(トリミングなど)
  • サムネイル画像の作成
  • 要望に沿った動画投稿

動画編集ソフトを使って編集する場合、時間にして30分以内で終わるケースも少なくありません。

テロップの挿入、カット編集についても、ボタン操作のみで終えられるような編集でセンスも問われないです。

そのため、まだ動画編集スキルが高くないと感じている人は、YouTube動画編集の求人に応募されると良いでしょう。

動画編集の収入

在宅ワークの中で、動画編集は稼げるほうだと言われています。ですが、実際はアルバイト・パート並みの収入に落ち着きやすく、営業を行えるレベルでなければ特別な収入になることはありません。

未経験者は時給1000円ほど経験者は1500円超

動画編集の場合、「未経験者は経験者の倍以上の時間をかけて仕事をする」ことが多いです。

そのため、未経験者なのに動画編集で稼げるケースは少ないと思ったほうが良いでしょう。

在宅ワークの場合、単価は1本1000~10000円と様々なのですが、経験者でない限りは、時給1000円ほどで働くケースが多く、この状況は中々変わりません。

経験者は動画編集ソフトの使い方をマスターしているため、動画編集時に無駄な時間を使うことがないからです。

動画編集の求人は、求人によって単価が大きく変動することも少ないので、まずは動画編集ソフトを使いこなせるようになり、実績を増やす努力をされたほうが良いです。

このような努力をされていると、経験者として高単価の仕事を任せてもらえることが多くなります。

動画編集で必要になるソフト

種類_動画編集_Adobe

これから本格的に動画編集のスキルを高めたい場合は、動画編集ソフトの導入を検討したほうが良いでしょう。

  • Mac用:Finai Cut Pro
  • Win用:Adobe Premiere Pro

Finai Cut Pro 大物YouTuberも利用している

Finai Cut Proは、Macのみで動画編集を行える動画編集ソフトです。

次のような特徴を持つため、Macユーザーから支持されている動画編集ソフトとしても有名です。

  • 直感的に利用できる操作画面
  • 動画編集をサポートする関連ソフトが多い
  • 360度VR
  • カラーグレーディング
  • HDR(ハイダイナミックレンジ)対応
  • 価格は36800円 ※ 2020年3月14日確認

Finai Cut Pro利用者の中には、大物YouTuberのヒカキン・はじめしゃちょーが含まれます。

Adobe Premiere Pro プロの動画編集を行える

Adobe Premiere Proは、Windows・Macのどちらでも利用可能な動画編集ソフトです。

次のような特徴があるため、プロを目指している動画編集者から愛用されています。

  • エフェクトパターンが多い
  • トランジション(映像の切替効果)に秀でる
  • カラーグレーディング
  • テロップが作成しやすい
  • VR動画を編集できる
  • YouTubeへの書き出しに対応している
  • DVDへの書き出しに対応している
  • 価格は月額2480円 ※ 2020年3月14日確認

動画編集を行っている人の多くは、トランジションと呼ばれる映像の切替効果にこだわりを持つ人が多いです。

Adobe Premiere Proは、動画の雰囲気を映画のようにしてくれるトランジションが有名で、月額料金の安さ・質の良さにも定評があるため、今のような人気を得ています。

動画編集・アニメ編集は同じではない

動画編集ソフトのおさらいとなりますが、動画編集ソフトは、次のような目的を果たすために使用するソフトです。

  • 動画のカット、結合
  • 結合時のトランジション
  • テロップの挿入
  • 動画の速度調整
  • カラーグレーディング

そのため、「アニメーションの作成・編集」、「グラフィックの作成・編集」をサポートするソフトではありません。

アニメーション・グラフィックの編集に向いているソフトは、Adobe After Effectsのようなソフトです。

動画編集の求人

在宅ワークの動画編集は、雇用形態を意識して求人サイト選びをしたほうが良いです。在宅ワークの求人を掲載している雇用形態は、在宅ワーク・業務委託・アルバイトの3種となっています。

求人検索サービスで多数の求人が見つかる

在宅ワークの求人を取り扱っているサイトでは、Indeedのような求人検索サービスがオススメです。

ココナラは、「スキルマーケット」と呼ばれる、自身のスキルで「営業を行える」サイトとなっています。

そのため、動画編集だけでなくアニメーションの作成・編集も、売り込むことが可能となっているのです。すでに動画編集スキルを有していて相場も理解している、そんな人であればココナラと相性が良いかもしれません。

正社員・契約社員の求人を見つけたい場合は?

そもそも動画編集の求人は、「人手が足りていない」場合に掲載されることが多いです。

そのため、正社員・派遣社員のような、「長期雇用につながる求人」は少ないと思ったほうが良いでしょう。

もし、正社員・派遣社員として働きたい場合は、映像しごと.comのような、動画編集の求人に力を入れているサイトを利用してください。

タイトルとURLをコピーしました