在宅ワークのライティングは高単価!在宅ワークでも研修制度が充実

職業_ライティング

在宅ワークのライティングは、WEBライターとしても募集がかかっています。指定キーワードを意識して執筆することが多く、これは会社勤務のライティングでも同じなため、すでにライティングのスキルがある人であれば、その経験を在宅ワークでも活かせるのです。

在宅ワークのライティングの仕事内容

主な仕事内容は、1000字以内で定められたキーワードを用いて、記事を執筆することです。

1000字を超えるものもありますが、今までライティング経験が無い人の場合、大量のライティングを依頼される可能性は低いでしょう。文章レベルの高さも求められるので、経験者であれば優遇されることが良くあります。

ライティングの種類は多く、以下のものはライティングで任される仕事の一部でしかありません。

  • コラム
  • プレスリリース
  • 広告
  • ブログ記事
  • リライト

在宅ワークでも人気のリライト!ライティングを一から学べる

ライティングの案件で良く見つかるものはブログ記事、リライトです。

ブログ記事は、ブログ運営者のキャラクターを意識して、ブログテーマに則ったライティングを行うことを言います。

ライティング経験が無い人の場合、ブログ記事の依頼は難しいと判断されることもあるので、これからライティング経験を積みたい人はリライトから始めると良いでしょう。

リライトは、すでに出来上がっている記事、もしくは、他サイトの情報を書き換える形で記事を執筆することです。リライトのルールを守って仕事をこなさないといけないのですが、その代わり、文字量が500字を切るケースが多いので、どなたでも気軽にチャレンジできるという良さがあります。

コラム、プレスリリース、広告はライティングの中でも専門職に近いため、未経験者では応募不可のケースが多いです。

在宅ワークのライティングの収入

未経験者の場合は、1文字0.1円以上の報酬となりやすいです。

経験者であれば、1文字0.5~1.0円で仕事を請け負うことが可能となるため、1時間に3000字のタイピングが可能な人では、1500~3000円の収入になるでしょう。

本業としてライティングをされている方、雇用契約を結べる方であれば1文字1円以上のケースも少なくありません。

ライティングは経験が評価されやすいため、これから長く在宅ワークを営んでいきたい人であれば、ライティングから始めてみるのも良いでしょう。

在宅ワークのライティングに活かせる資格

ライティングの資格は、WEBライティング〇〇という名称となっているため、ライティングの資格を探すのは難しくありません。

これらの資格を有していることは、自己満足、能力テスト合格の範疇に収まりません。

  • 確かなライティング技術が身につく
  • 専門的なライティング技術(販売、自己表現)も身につく
  • ウェブコミュニケーションを学べる
  • 確かなライティングの知識により法律、倫理の大切さを学べる
  • 炎上対策、回避など実践的なテクニックを学べる
  • 資格取得者名簿に掲載され自己PRの際に役立つ
  • 就職活動の自信につながる
  • 資格取得者の場合は仕事の斡旋、紹介を受けられることもある

上記のような資格取得者だけの利点もありますので、無資格のままライティングに挑むより、なるべく有資格者としてライティングに挑みたい方は、資格取得のための学習に望んでみると良いでしょう。

資格取得のための検定費用は、WEBライティング能力検定が13500円、WEBライティング技能検定は6000円となっています。

これから初めてライティング技術について学ぶ、資格を取得したい方は、WEBライティング技能検定から先に挑まれることを推奨します。

というのも、近年ではクラウドソーシングサービスを通じて仕事を得ている人が増えているからです。WEBライティング技能検定は、第18回本試験(2017年3月)の合格率平均が54.4%となっているので、1~3級が設けられているWEBライティング能力検定に比べて、それほど資格取得が大変ではないのも推奨できるポイントです。

副業・バイトでライティングが選ばれている理由

データ入力と同じでライティングも、以下の作業が苦ではないという人から選ばれています。

  • 単純作業
  • わからないことは自分で調べる
  • 主にデータの取り扱い

そのため、事務作業経験者、もしくはブログで日記を作成したことがあるレベルであれば、「最低限のスキルを有している」状態で求人に申し込むことが可能です。

シンプルに「文字を書くこと、入力することが好き」という人も、ライティングの副業・バイトで成果を出せる人物と言えるでしょう。

これらの条件に該当する人は多いので、副業・バイトとしてライティングを始める人が多くいます。

副業ライターの収入は時給制が多い

在宅ワークの場合は単価(固定報酬制)になっているため、1本の記事を納品すると1000円といった報酬制度になっています。

ですが、ライティングを副業・バイトとして始める場合は、「時給1000円~」の案件が多く見つかりますので、他の在宅ワークや副業・バイトの求人案件に比べて、時給が低くないという長所があるのです。

また、単価が1本10000円となっているものを見つけると、「こんなにもらえるの?」と思ってしまいますが、修正依頼ありで1本10000円となっていることを覚えておきましょう。

つまり、ライティングの収入が高いものには、以下のような難点があるのです。

  • 納品を終えるまで収入を得られない
  • スキルを問われることが多い
  • その他の作業もこなさないといけない

高単価のライティングを確認すると、副業・バイトのケースでも、「画像選び、動画選び、写真撮影、インタビュー、関連サイトのURL貼り付け、SNSからコメントの引用・貼り付け、進捗報告、オンライン会議の参加」・・・といった、能力、コミュニケーション、実績を問われるものが多いです。

その他にも、採用が決まるまでに2週間以上かかることもありますので、平均的な副業・バイトを求めている場合は、高単価のライティングを避けて申し込むようにしましょう。

時給制では、1500円以上の求人案件から要求が厳しくなりやすいです。

副業ライターの求人が見つかるところ

在宅ワークの時とほぼ同じで、以下のようなクラウドソーシングサービス、求人案内サービスでライティングの副業・バイトが見つかりやすいです。

クラウドソーシングサービス(クラウドワークス、ランサーズなど)では、在宅ワークのライティング求人が多く見つかるため焦るかと思います。

ですが、これから在宅ワークを始める人の場合、経験者のみ応募可能となっている案件を避けて、申し込むようにしましょう。

経験者というのは、雑誌・WEBのメディアで執筆を行っている人が該当するため、実績がまだ無い人の場合は応募しても無視されることが多いからです。

また、未経験者向けのライティングは、在宅ワークであっても単価が1文字0.1~0.5円ほどです。

0.5円を超える場合、スキルを確認するためのトライアルに合格しないと、仕事をもらえないケースがあるので気をつけてください。

WEBライティング、コピーライティングは何が違う?

WEBライティングはWEB用の文章作成能力、コピーライティングは広告用の文章作成能力が試されます。そのため、ライティングの求人は在宅ワークであっても、ライティングの種類で求人が登録されているのです。

在宅ワークで良く見かけるWEBライティングの特徴

WEBライティングは、記事の価値を上げることに着目している特徴があります。

そのため、SEOと呼ばれる「検索エンジン対策」の能力が問われるのです。SEOの実績がすでにある人であれば、WEBライティングの求人で採用されやすくなります。

WEBライティングはデザイン性も問われる

今ではスマホが普及しているため、スマホ向けデザインも考慮してWEBライティングできるかも、問われるようになってきました。

スマホ向けデザインとは、文字数が少なく、改行・空白行を駆使して、装飾タグも用いるライティングを言います。

スマホの場合、大量の文章をまとめて読むのが辛いため、適切な文字数を理解している人ほど、WEBライティングでその力を発揮できるのです。他にも、見出しなども含めた改善案を提供するといった、手直しで活躍するケースもあります。

専門性を問われるコピーライティング

コピーライティングは文章構成力が試される仕事です。

文章構成力とは次のことを言い、責任感をもって対応できるかも重要です。

  • タイトル:キャッチコピーを意識し読者の興味を引く
  • 本文:キャッチコピーに見合った文章を執筆
  • クロージング:読者の行動を促す

在宅ワークでもコピーライティングの求人は増えているのですが、「商品の購入につながらない文章レベル」では、コピーライティングの能力が低いと判断されます。

過去の実績だけでなく、成果につながるコピーライティングをしているのか、こちらについてもチェックされるので、経験が少ない人向けのライティングではありません。

重要部分にどのようなアプローチができるか試される

重要部分とは本文のことで、コピーライティングを行う場合は、「問題提起、共感を促す、まとめ」というふうに文章を作成します。

なので、個人の感想レベルの文章、もしくは、「曖昧な情報が目立つ」ライティングでは、コピーライティングは成立しません。

在宅ワークの場合でも、トレンドに精通している、関係している職種の経験があるといった、普通とはかけ離れた経験を要求されることが多いです。どうすれば「続きを読んでもらえるか」・・・、こちらを工夫できるライターであれば、在宅ワークでも成功を収められるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました