新時代の在宅ワーク!なぜYouTuberは人気・収入が高い?

職業_youtuber2

パソコン・スマートフォンがあれば始められる在宅ワークとして、YouTuberが人気です。ですが、今でもYouTuberに関する誤った情報が多いため、まずは、YouTuberの正しい基礎知識を得るようにしてください。

YouTuberの仕事内容

シンプルにまとめると、次のようなことを繰り返すだけで収入が発生する職業です。ただし、人気が出ない場合は無収入となるので、在宅ワークの中でもハードルが高い職業と思ったほうが良いでしょう。

  1. 動画撮影をする
  2. 動画編集をする
  3. 動画をアップロードする
  4. 動画が再生される

動画投稿はスマートフォン1台で始められる

何気ない日常をスマートフォンで撮影し、YouTubeに投稿するだけでも人気が出る可能性はあります。

再生回数が多い動画というのは、「〇〇してみた」のような、特別なことをしないといけないわけではありません。

  • ペットと触れ合っている様子を撮影する
  • 好きなゲームを楽しみながら実況する
  • 子どもがおもちゃで楽しんでいる様子を撮影する
  • 料理をしている場面の撮影、調理方法の解説を行う

家から一歩も出ないで収入を得られるだけでなく、自分のスキルを活かして収入を得ることが可能です。

子どもがおもちゃで楽しんでいる様子の撮影についても、子ども、撮影者ともにスキルは不要です。ですが、そんな日常を撮影した動画の中には、再生回数が100万を超えるものもあります。

スキルを活かして人気YouTuber

大物YouTuberが得意としているジャンルをまとめることで、人気が出るYouTuberの特徴がわかります。

  • チャレンジ系
  • レビュー系
  • 料理系
  • 大食い系

チャレンジ系とは、YouTube向けの動画を企画することで、「〇〇やってみた」という動画が該当します。チャレンジ精神旺盛の人であれば、チャレンジ系ジャンルと相性が良いかもしれません。

レビュー系とは、おもちゃ・トレンド商品などのレビューをするジャンルです。使ってみた感想だけでなく、面白い使い方などアレンジが得意という人にオススメできるジャンルとなります。

料理系とは、考案したレシピを動画投稿するものもあれば、節約術やトレンドになっている料理の作り方、電子レンジによるアレンジ調理のジャンルです。素朴な料理(家庭料理・パスタ料理など)でも再生回数が多いものはあるので、ド派手な料理を作らないといけないわけではありません。

大食い系とは、一度に大量の食事を行うジャンルとなります。大食い男性が多数活躍していそうなジャンルですが、「女性の大食いYouTuberが人気」のため、大食いに自信がある女性にもオススメできるジャンルです。

新しい働き方で注目されている YouTuber・Vtuber

画像はGoogleトレンドの検索結果、5年以内のYouTuber・Vtuberの人気度を表しています。

ここ数年で在宅ワークとしての人気も高まっているYouTuberですが、Vtuberの人気も上がってきました。

  • YouTuber:顔出しあり・顔出しNGで動画を投稿する人物
  • Vtuber:バーチャル(仮想)キャラクターのYouTuber

Vtuberの中で、特に人気の高いバーチャルキャラクターは「キズナアイ」です。

人によっては、顔出しNGであれば動画投稿が可能というケースもあるため、自分で新しいキャラクターを生み出すことのできる、Vtuberも人気になってきました。

Vtuberと似た動画投稿では「ゆっくり実況」があります。

動画のように「ゆっくり(キャラクター)を配置する」、「ゆっくりボイスを入れる」ことによって、独特な雰囲気で実況しているのが特徴です。ゆっくりボイスのソフトは「音声合成ソフト」と言うのですが、次のようなソフトのみで作成できるため、それほど種類が多いわけではありません。

  • 棒読みちゃん
  • softalk
  • AquesTalk

YouTuber・Vtuber・ゆっくり実況のどれにも言えることですが、「個性的な演出によって再生回数が増える」ので、自分の演出力・企画力に自信がある人であれば、YouTubeで人気者になれるかもしれません。

YouTuberの収入

YouTubeで動画投稿をする場合、「1再生○円」で収入を得られるようになっています。しかし、収入の実態・収入が発生するまでの仕組みを知らずにいると、まったく収入を得られないまま、YouTuberとして活動することになるでしょう。

YouTubeで収入が発生する仕組み

YouTuberは広告収入を得る形で活動しているのですが、正確には動画の再生数に応じて収入を得ています。

  • 1再生0.1円~で広告収入が発生する

動画の再生数が多くなると、1再生0.2円~というふうに広告収入が上がっていきます。そのため、同じ再生回数のYouTuberであっても、収入に差が生じることはあるのです。

また、0.1円が0.2円になると収入は倍になるため、月に50万円の収入を得ているYouTuberであれば、100万円まで収入がアップします。

このように努力が収入に置き換わるため、YouTuberを始めてみようという人が増えてきました。

広告収入以外でも収入は発生する

稼げているYouTuberの行動を参考にすると、次のような種類の収入が発生することもわかります。

  • 企業案件
  • 生放送
  • メンバーシップ

企業案件とは、「人気の高いYouTuberを広告塔として活用する」ケースのことです。

今では、テレビだけでなくソーシャルメディア、アプリゲームを通じて、YouTuberがコマーシャルに出るケースは少なくありません。企業案件は、「企業の目に止まらないともらえない案件」のため、ゲーム実況、おもちゃで遊ぶといった、1つのジャンルに特化したチャンネルを持っていないと、相手にされないことが多いです。

生放送とは、「ライブ配信」のことです。

ライブ配信中は視聴者が「スーパーチャット」を行えます。スーパーチャットは、お金を出すことでコメントが強調されるシステムなのですが、これによりライブ配信者は、ライブ配信を行いながら収入を得ることができます。

メンバーシップとは、「チャンネルメンバーシップ」のことです。

チャンネルメンバーシップに視聴者が登録すると、1名ごとに「490円が毎月もらえる」仕組みになっています。視聴者にとっては、憧れのYouTuberのファンになれる、特典付きでチャンネルを楽しむことができる利点があるため、人気の高いYouTuberはメンバーシップでも稼いでいるのです。

YouTuberとして広告収入を得る条件

インターネットでYouTuberの情報を検索していると、「YouTubeで申請すると広告収益を得られる」といった、誤った情報が良く見つかります。

実際は、以下の条件を満たさないと広告収益が発生しないので注意してください。

職業_youtuber_収益

上の画像では文字が見えづらいという場合は、以下を参考にしてください。

  • チャンネルの過去 12か月間の公開動画の総再生時間が4000時間
  • チャンネルの過去 12か月間のチャンネル登録者が1000人に達している
  • YouTube の収益化ポリシーに準拠している

収益化案内ページは、次の手順で確認することができます。

  1. YouTube Studioページにアクセス
  2. サイドバーの「収益受け取り」をクリック

YouTuberの求人

在宅ワークとして始める場合、パソコン・スマートフォンを活用して動画の撮影・編集・投稿をするだけなので、求人に応募しないと仕事を始められないわけではありません。

求人サイトで募集がかかっているYouTuberは、「動画を投稿するごとに報酬が発生する」仕組みのため、YouTubeで個人的に活動するケースとは別物と思ったほうが良いでしょう。

  • 個人で活動:好きな動画を投稿する、広告収益が発生する
  • 企業で活動:決められた仕事をこなす、動画投稿分の定まった収入が発生する

上記のとおりとなりますが、「自分のスタイルを決めてYouTuberとして収入を得たい」場合は、個人として活動されたほうが良いでしょう。

YouTuberとして人気者になれた場合、UUUM(ウーム)など有名な事務所の専属YouTuberとして、本格的に活動するというのも賢い手段です。

タイトルとURLをコピーしました