在宅ワークの定義!アルバイトと違う在宅ワークの実態

始める_実態

在宅ワークは、副業アルバイトのような職業ではありません。フリーランスとして働けるようになっているため、自由に営業活動を行えるようになっているのです。また、在宅ワークには定義・実態もありますので、仕事を始める前に知っておくのも良いでしょう。

在宅ワークの定義

在宅ワークは、個人事業主の新しい形として定義付けがされています。一般的な個人事業主は、家をオフィスにする形で事業を営んでいます。しかし在宅ワークの場合は、パソコン1台で仕事を始められるため、仕事場を好きな場所に移せる強みがあるのです。

在宅ワークの実態

2013年時点の在宅ワーカー数は、厚生労働省―在宅ワークの適正な実施のためのガイドラインを参考にすると約126万4千人です。

ですが、在宅ワーカー数のほとんどが本業というわけではありません。

本業として在宅ワークを行っているのは約92万人、副業で在宅ワークを行っているのは約35万人となっています。これが在宅ワークの実態なのです。

在宅ワークの平均月収についても、ほとんどが20万円以下という実態です。

詳細としては下のグラフのとおりで、5万円以下は27.7%、6~9万円は18.0%、10~19万円は18.5%となっています。

引用元:厚生労働省―在宅ワークの適正な実施のためのガイドライン

在宅ワークはフリーランス

在宅ワークは、アルバイト・パートに似ていると言われることが良くあります。しかし、在宅ワークは本人の能力によって収入が上がるため、他の雇用形態に比べて、能力に比例した評価・収入をもらえるのが特徴です。

フリーランスは営業活動を行える

在宅ワークはフリーランスのため、単価の交渉を進めてから仕事を請け負うことが可能です。

アルバイト・パートの場合、当初の契約通りで仕事・収入が発生する仕組みのため、在宅ワークと似ているようでかなり違っています。

在宅ワーク用セミナーがある

クラウドソーシングのサービスには、無料・有料のオンラインセミナーがあります。

オンラインセミナーの目的は在宅ワークのスキルを得るためにあるので、「在宅ワークについて無知な状態でも働ける」ようになっているのです。

オンラインだけでなく、オフライン(実際に会う)のものもありますので、好きな形でスキルアップを目指せるようになっています。

スカウトは在宅ワークの醍醐味

経験者として在宅ワークを続けていると、企業側からスカウトメールが来るようになります。

求人案件に応募して仕事を終えると、クラウドソーシングでは「実績が記録される」仕組みになっているため、頑張るほどにスカウトされやすくなるのです。

収入についても、スカウトの場合は通常の単価より高いものが多いため、スカウトの多さは、在宅ワークの成功を意味します。

「スカウトは積極採用のために行う」ことが多いので、トライアル無しで求人に応募できるケースも少なくありません。

このような経験ができるため、クラウドソーシングで在宅ワークを始める人が増えています。

スカウトされやすい人の特徴

ちょっとしたことでスカウトの確率は上がるので、長年の実績が無いといけないわけではありません。

  1. まったくの未経験者より少しだけ経験があるとスカウトされやすい
  2. アカウント情報が充実していると信用されやすい
  3. 電話・メール・チャットによる連絡が可能な人は評価されやすい
  4. 短期間で評価をもらえるタスク形式で評価を高める
  5. パソコンスキル不要でも働ける求人が多いので物怖じしないほうが良い
タイトルとURLをコピーしました