何を用意すれば良い?在宅ワークを始める際に必要になるものは?

始める_必要なもの

パソコン・プリンターといったデバイスは、在宅ワークを始める場合、自分で用意しないといけません。在宅ワークによってはデバイスが支給されるケースもありますが、ノートパソコン1台のみのケースもあるため、必要なものを理解して用意を進めておいたほうが無難でしょう。

在宅ワークで必要になるもの

在宅ワークを始められる最低限の作業環境を用意することは、それほど大変ではありません。パソコン以外であれば、無料で用意できるようになっているので、1つずつ用意を進めるようにしてください。

  • パソコン
  • ウイルス対策ソフト
  • 連絡手段

在宅ワークに適したパソコンスペック

在宅ワークのためにパソコンを購入される場合、次の要素を満たしているかチェックしてから、予算内で購入できるかチェックすると良いでしょう。

  • OS:Windows10
  • CPU:i5以上
  • HDD:SSD(フラッシュメモリ)搭載
  • メモリ:8GB以上

パソコンは、価格が5万円を切るものでも良いものは見つかります。Amazonで見つかるものでは、次のようなパソコンであれば、サクサクと在宅ワークをこなすことができるでしょう。

OSは最新のものを選んだほうが良い

WindowsのOSで新しいものは、Windows7・Windows8・Windows8.1・Windows10があります。

ですが、パソコンに安定した動作を求める場合、「Windows10搭載PC」を購入したほうが良いでしょう。

OSが古いものには欠点があるため、オススメすることができません。

  • サービス期間が終了する恐れがある
  • 新機能を使用することができない
  • ソフト・アプリとの相性が良くない

今では、Windows7のサービスが終了しているため、Windows Updateの対象になっていません。

古いOSは、サービス終了の影響を受けて「脆弱性と呼ばれるOSの問題」が発生するため、ハッキング・ウイルスなどの危機にさらされやすくなります。

機能も古く、新しいソフト・アプリとの互換性でも問題が生じるため、なるべく最新のOSを選んだほうが良いでしょう。

パソコンの頭脳に相当するCPUはi5が好ましい

少しでも安くノートパソコンを購入する場合でも、在宅ワークで使用するものは、corei5以上のCPUを購入したほうが良いです。

CPUは、corei3・5・7にかけて処理能力が向上するようになっています。

corei3は5に比べて劣る割に、パソコン価格が安くありませんので、corei5を選んで問題ありません。

CPUの種類では、「Celeron(セレロン)」、「core2duo」に注意してください。これらのCPUはcorei5に劣るだけでなく、処理能力が低いためパソコンの処理が止まってしまうこともあります。

メモリ、記憶容量(HDD・SSDなど)を良くしても、処理能力を大きく変えることは難しいため、CPU選びは注意したほうが良いです。

ハードディスクドライブ(HDD)はSSD搭載を選ぶ

ハードディスクドライブがノーマルのHDDでは、在宅ワークだけでなく、あらゆるパソコン作業のスピードは向上しません。

そのため、SSD(フラッシュメモリ)を搭載しているパソコンを購入するようにしましょう。

ノーマルに比べて倍以上の起動速度、処理速度になるため、今では、パソコン選びの定番とまで言われています。

メモリ8GBのパソコンは安い

パソコン選びでは、「メモリは4GBあれば良い」という意見もあります。

ですが今では、次のような処理をパソコンに行わせることが増えているため、メモリが4GBでは、動作が遅く感じるケースも少なくありません。

  • 容量が大きいファイルの操作
  • マルチタスク

昔であればメモリ8GBが高かったため、4GBで妥協する対応でも問題ありませんでした。しかし今では、メモリ8GBが珍しくなく価格も落ち着いているので、パソコンを購入する際は、メモリサイズも気にしたほうが良いです。

Avast 無料で優秀なウイルス対策ソフト

始める_必要なもの_アバスト

ウイルス対策ソフトで有名なNorton(ノートン)は有料です。

ですが、Avastアンチウィルス2020は無料であるにも関わらず、次のような機能を持っているため、パソコンをウイルスの脅威から守りたい人にオススメできます。

  • 世界最大の脅威検出ネットワーク
  • 機械学習によるウイルス対策
  • 簡単なパスワード管理機能
  • パソコンに負担をかけないホームネットワークセキュリティ

Avast以外にも無料ウイルス対策ソフトはありますが、Avastより性能が劣る、もしくは性能がハッキリしていない、会員登録が必要となっているので注意してください。

しかもAvastのような、「2018年度 年間最優秀製品賞 受賞」のウイルス対策ソフトではないため、オススメすることが難しい状況です。

人気の連絡手段(Skype・LINE・ChatWork)はすべて無料

在宅ワークによっては、定期的な連絡が必須となっているケースも少なくありません。

また、連絡手段の多くは「無料でできるもの」が選ばれやすいため、自然と無料連絡ツールの人気が高くなってきました。

  • Skype:ヘッドホンを使うことによってパソコンのみで会話できる
  • LINE:テキストで情報のやり取りが可能
  • ChatWork:LINEと同じで、テキストで情報のやり取りが可能

どの連絡ツールも「無料・すぐにインストールできる」特徴があるので、在宅ワークで必要と言われた場合に、Skypeなどをダウンロード・インストールすると良いでしょう。

会員登録が必要なケースでは、メールアドレスを用いて登録するだけです。

メールアドレスについても、フリーメールのYahoo!メールGmailであれば無料で使用できるため、無料連絡ツールは、「すべて無料で使用できる」と思って問題ありません。

スマートフォンでは在宅ワークをこなせないことが多い

スマホ可の在宅ワーク!スマホでも安定して働ける在宅ワークの種類では、スマートフォンのみで在宅ワークを始められると案内しています。

こちらは、「最近になってスマホでも対応できる在宅ワークが増えた」ことを、案内しているだけなので注意してください。

スマートフォンはパソコンに比べて入力速度が劣るため、データ入力・ライティングといった在宅ワークでは、求人に応募できないことがあります。

タイトルとURLをコピーしました