総務省で在宅ワークの定義を確認できる!在宅ワークとテレワークは別物

始める_テレワーク_スタッフ

テレワーク・在宅ワークともにオフィスで勤務するわけではありません。その他にも違いがあり、在宅ワークはフリーランス、テレワークは被雇用者(正社員・派遣社員・アルバイトなど)として働くスタイルが定番です。他にも大きな違いがあるため、テレワーク・在宅ワークは同じものではありません。

テレワークは常駐もする

テレワークは、原則としてオフィスで勤務することがあります。これを常駐勤務というのですが、今ではインターネット環境が整ってきているため、仕事の一部・全部を家に持ち帰ることが可能になりました。在宅ワークの場合、原則としてインターネット環境が整っている場所であれば、好きなところで仕事が可能です。

テレワークは造語で分類すると3種類

そもそもテレワークとは、「tele:離れたところ、work:働く」を組み合わせた造語です。

  • 在宅勤務:従業員が自宅で仕事を行う
  • モバイルワーク:駅、カフェなどで仕事を行う
  • サードプレイスオフィス勤務:サテライトオフィス、ワーキングスペースで仕事を行う

テレワークは在宅勤務のみではなく、「モバイルワーク・サードプレイスオフィス勤務」に分類することもできます。

補足となりますが、テレワーク・リモートワークの意味は同じなので、別々の働き方を指しているわけではありません。

テレワーク・在宅ワークの求人の探し方

テレワークはハローワークでも求人を取り扱っています。

  • クラウドソーシング(クラウドワークス、ランサーズなど)
  • 求人検索サイト(リクルート、マイナビバイトなど)
  • 求人検索エンジン(indeed、求人ボックスなど)

在宅ワークの場合、上記のようなサービス・サイトを利用する形で求人を探すため、求人に応募するまでの手間暇では、テレワークのほうがわかりやすいです。

総務省によるテレワークの定義付け

総務省ホームページでは、次のようなテレワークの分類を行っているため参考になります。

  • 雇用型のテレワーク
  • 自営型のテレワーク

雇用型のテレワークは常駐勤務に類似している

雇用型のテレワークは、3種類に分類することができます。

在宅勤務

会社の代わりに自宅を用いる形態。会社だけでなく、自宅も活用して仕事を進める。

モバイルワーク

カフェなどの施設利用でインターネットにアクセス。自宅以外でも働ける利点がある。

施設利用型

サテライトオフィス、シェアオフィス利用のテレワーク。

サテライトオフィス

サテライトオフィスとは、企業が本社から離れた場所に設置するオフィスのことを指します。「サテライト」とは英語の「satellite (衛星)」のことを指し、本社を中心として衛星のように存在するオフィスとしてその名前が付けられています。そして、現在企業の組織のありかたについてサテライトオフィスの導入が大きな注目を集めています。

出典:サテライトオフィスとは?3つの種類・メリット・デメリットと日立グループなどの事例を紹介 | Beyond(ビヨンド)

 

シェアオフィス

シェアオフィスとは、同じスペースを複数の利用者によって共有するオフィスのことを指す。
共有とはいえ、パーティションや簡易的な壁によって各オフィスは区切られており、契約スペースはプライバシーが保護され自由に活用することができる。

出典:シェアオフィスとは | 用語解説

自営型のテレワーク(在宅ワーク)は企業に属さない

自営型のテレワークは、2種類に分類することができます。

SOHO

Small Office Home Officeの略語。インターネット環境が整っている場所をオフィスにするなど、働き方の自由度が高い。

内職副業型勤務

SOHOとは違い自営するものではなく、副業として仕事を請け負う。内職のため、狭いスペースを活用して仕事を行えるのが特徴。

タイトルとURLをコピーしました