どうやって始める?誰でも在宅ワークを始められる?

始める_在宅ワーク

スキマワークとしても注目されている在宅ワークですが、未経験の人でも始められるようになっています。職業もデータ入力・ライティング・事務作業のように種類が多いので、自分にあったものを見つけやすいのが在宅ワークの特徴です。

在宅ワークは誰でも始められる

初心者向けの職業もあるため、在宅ワークの求人の中には、経験不問のものも含まれます。マニュアルありで作業できるケースも多いので、業務用のパソコンを持っている人であれば、応募するのが困難というケースは稀でしょう。

以下の職業は、在宅ワークの中でも初心者向けとして有名です。タイピング、簡単なパソコン操作をこなせる人であれば、適正ありとして採用される可能性が高いでしょう。

  • データ入力
  • ライティング
  • ホームページ運営

会員登録のみで在宅ワークを始められる

クラウドワークス・ランサーズは、クラウドソーシングサービスで有名なサイトです。

求人サイトと同じで、会員登録を行って求人を探すだけで、求人に応募できるようになっています。

トライアルの有無を確認する

トライアルとは、実際に仕事をこなせるか試験することを言います。

データ入力・ライティングのトライアルでは、「タイピング速度」、「マニュアルの把握」で問題を起こさない人であれば、そのまま採用されるケースが多いです。

すでに在宅ワークの経験がある場合、「ポートフォリオの提出」だけでトライアルに合格するケースもあります。

ただ就活で使われるポートリフォの言葉の意味はだいたいの場合は

自分の作品集という意味で使われます。

ようするに自分が手がけた仕事をファイルにしておくことで、

自分のセンスや能力を売り込む広告として使えるというわけです。

出典:【ポートフォリオ】って何? | 株式会社リクルートネット

在宅ワークを始める前に知っておきたいこと

  • インターネット環境が整っているパソコンを所持している
  • ブラウザ(Google Chrome、Firefoxなど)をインストールしている
  • チャット(ChatWork、LINE WORKSなど)をインストールしている
  • フリーメール(Gmail、YahooMailなど)を使える

在宅ワークはスマートフォンに対応している仕事もありますが、基本的にパソコン作業が可能な人から採用されていきます。

クライアントから求められるものでは、他にも、インターネット環境・ブラウザ・チャットツール・フリーメールといった、「ネットの利用」、「連絡手段」に対応しているかどうかも確認されます。

在宅ワークの求人はハローワークで見つからない?

在宅ワークの求人をハローワークで見つけることは可能ですが、他の求人サイトに比べて求人件数が少ないので注意してください。補足となりますが、「在宅ワーク・在宅勤務」は同じものではありません。

  • 在宅勤務:雇用型のテレワーク
  • 在宅ワーク:自営型のテレワーク

転職サイトもハローワークと同じ状況

転職サイトは、正社員・派遣社員・アルバイトの求人を専門に取り扱っています。

そのため、データ入力・ライティング・事務作業の在宅ワークを探す際には、不向きだと思ったほうが良いでしょう。

在宅ワークの求人探しで定番のサイト

クラウドソーシングはクラウドワークス・ランサーズ、求人検索サービスは、Indeed(インディード)・求人ボックスが該当します。

どちらも無料で利用できるため、在宅ワークを始める際にかかる費用は、パソコン・通信機器くらいです。

タイトルとURLをコピーしました