在宅データ入力(タイピング)の副業は内職のようなもの?

データ入力_副業

時代によって、タイピングの仕事内容は拡張されていきます。昔であれば、書類に書かれていることをデータ入力として打ち込むだけだったのですが、今では、SNSも連携させるデータ入力まであるのです。

データ入力(タイピング)の副業とは

今では在宅勤務のデータ入力があるため、タイピングと呼ばれる文字入力に慣れている人であれば、副業をスタートすることができます。副業といっても、内職のように収入が少ないわけではないため、内職から在宅勤務に切り替える人が増えてきました。

データ入力の副業は内職ではない

データ入力は、内職とは違い収入がしっかりしている求人が多く、正社員として登用される可能性もあるので、内職と勘違いされることが多いだけです。

内職ではないため、雇用契約を交わしてから業務を始めることが多く、最初にクラウドソーシングと呼ばれる「仲介役」で会員登録を行ってから、データ入力の求人を探せるようになっています。

パソコン・スマートフォンで仕事できるのも、在宅勤務&データ入力の特徴です。

お小遣い稼ぎとして最適

内職との共通点ですが、在宅勤務のデータ入力は「好きな時間に働ける」ため、時間を有効活用したい人向けの仕事です。

内職の場合、時給100~500円の求人が多いため収入は多くありません。

データ入力は時給1000円以上になる求人もあるため、タイピングができるのであればデータ入力を選んだほうが良いでしょう。

スマートフォンでデータ入力を行うことは可能

スマートフォンの場合、次のような仕事をこなせるようであれば、データ入力を通じて収入を得ることができます。

  • アンケート
  • リサーチ
  • データのコピーペースト
  • データの入力業務

アンケート・リサーチは副業として有名ですが、時給500円前後の収入になりやすいため、内職に似た収入になりやすいです。

時給1000円以上の求人を探している場合は、データのコピーペースト・データの入力業務を任せてもらえる求人を探すと良いでしょう。

パソコンを用いるデータ入力

スマートフォン不可の求人では、基本的にパソコン操作に慣れていないと、データ入力の求人に応募することができません。また、作業単価の良い求人ばかりではないため、良い求人を見分けて応募することも大事です。

データ入力の種類

パソコンのタイピングスキルを活かせる仕事は多くあります。

  • 様々なデータの入力業務
  • 名刺の情報の打ち込み
  • 様々な音源の文字起こし

文字起こしはデータ入力の求人でも見つかるのですが、「仕事開始前に文字起こしの研修を受ける必要がある」など、くせの強い仕事なので注意してください。

すぐに働けるデータ入力の副業を探している場合は、様々なデータの入力業務・名刺の情報の打ち込みを選ぶと良いです。

データ入力の仕事は時代によって変化する

データ入力の仕事に慣れている人であれば、次のような仕事を任せてもらえることもあります。

  • 詳細情報のリサーチ
  • 口コミなどレビュアーとしての投稿
  • フォロワー数増やし(SNS上で投稿)
  • データ入力の納品物をチェックする業務

詳細情報とは、Google・Yahoo!のような検索エンジンを使用して情報収集を行い、定められた情報をファイル上にまとめるような仕事です。

Amazonなど、口コミ投稿が可能なサイトで投稿を繰り返すような仕事も、今では、データ入力の求人で見つかるようになりました。

最近では、Twitter・Instagramの利用者として、定期的に投稿する業務も、データ入力の仕事として認知されています。

タイピングが早いだけでなく、マニュアルに従って正確に仕事ができる人であれば、通常のデータ入力以上の収入を得ることができるでしょう。

性別不問・資格不問・年齢不問の求人が多い

在宅勤務のデータ入力は、内職のように厳しい審査無しで仕事を始めることができます。

そのため、次のような審査を行わない求人が良く見つかるのです。

  • 実務経験
  • 職歴
  • 対応可能な作業時間
  • タイピングスキル

タイピングスキルも問われないのですが、在宅勤務のデータ入力は作業量が多くなることもあるため、まだ仕事に慣れていない時は作業量が少ないものを選びましょう。

データ入力の求人に応募している人の多くは女性で、主婦として生活しながら、スキルアップ・収入増のため、在宅勤務のデータ入力を選ぶことが多いです。

未経験でも仕事を覚えられる

在宅勤務のデータ入力は、次のようなことを守れる人であれば、長く続けることが可能な仕事となっています。

  • パソコンを使用できる
  • インターネット接続環境が整っている
  • マニュアルを理解して作業を行う
  • 定期的に進捗状況を報告する
  • 納期までに納品する

未経験の場合、まったく何も知らないので仕事で苦労すると思ってしまいますが、未経験でも応募できるデータ入力の求人は、作業量が少ないため安心してください。

具体的な作業方法もマニュアルに載っていますし、特殊なパソコンスキルを要求されることはありません。

データ入力の副業の稼ぎ

パソコン・スマートフォンで、データ入力の稼ぎは違ってきます。スマートフォンは時給1000円未満のケースが多いため、パソコンによるタイピングが可能な場合は、パソコンで求人に応募したほうが良いでしょう。

スマートフォンは時給が安い

スマートフォンの場合、データの入力業務よりもアンケート・リサーチの業務が多く、作業量も多くありません。

そのため、時給1000円未満の求人が多く、月に1~3万円の収入を得ている人が多いです。

稼ぎたいのであればパソコンで作業しよう

パソコン操作に慣れていない人では任せてもらえる作業が少ないため、データ入力の時給は800~1000円となりやすいです。

しかし作業に慣れてくると、新しい作業を任せてもらえるようになるため、データ入力の時給は1000~1500円ほどになります。

すでにデータ入力の業務経験がある、もしくは、事務経験があると給料が高くなりやすいので、データ入力の求人に応募する際は、これらの経験をアピールしたほうが良いでしょう。

作業単価の確認方法

クラウドソーシングでは、「1案件5000円」のデータ入力の求人が見つかることもありますが、こちらの報酬は「固定報酬制」なので注意してください。

  • 時給制:1時間あたりで報酬が発生する
  • 固定報酬制:納品を終えると案件分の報酬が発生する

パッと見ただけでは「時給制より稼げそう」と思ってしまいます。

・・・ですが、1案件に10時間かかった場合は時給500円で仕事をしたことになるため、良く考えずに固定報酬制の仕事を請け負うのは良くありません。

データ入力の作業環境

パソコン・スマートフォン以外で用意しておくと良いものをまとめました。用意する際にお金がかかるケースでは、無料(フリー)のもので代替できないかも案内しています。

Windows officeをインストールしていると良い

データ入力(タイピング)の副業は、Microsoft Officeインストールが必須のケースもあります。

  • Word(ワード):文書作成で用いる
  • Excel(エクセル):データの入力業務で用いる
  • PowerPoint(パワーポイント):プレゼンテーションで用いる

PDFに記載されている情報をExcelに入力する業務もあり、その際に、アクロバットリーダーを用いることもあります。

無料オフィスソフト Libre Office

最新Microsoft Officeパックは約1万円するため、データ入力のために用意するのは難しい人もおられるでしょう。

そんな時は、「無料(フリー)」で配布されているLibre Officeをインストールすると良いです。

  • Writer:文書作成に対応
  • Calc:表計算、データの入力業務に対応
  • Impress:プレゼンテーションに対応
  • Draw:図形描画に対応
  • Charts:グラフ作成に対応
  • Base:データベースに対応
  • Math:数式エディタに対応

これほどの対応力を持ったオフィスソフトなのですが、無料のMicrosoft Office互換ソフトとして配布されており、更新頻度・満足度ともに、互換ソフトの中ではトップクラスです。

使い勝手もMicrosoft Officeと似ているので、データ入力の副業で使用されている割合も低くありません。

ただし、データ入力の求人で互換ソフトの使用が認められているかチェックし、問題ないようであればインストールするようにしましょう。

データ入力の始め方

クラウドソーシングの登録のみで、データ入力の仕事を受注できるようになります。データ入力の副業もそうですが、在宅勤務を始める際は、それほど手間がかからないようになっているのです。

クラウドソーシングで会員登録

データ入力(タイピング)の副業だけでなく、在宅勤務に対応している職業のほとんどは、クラウドソーシングで会員登録を行っていると、仕事を受注できるようになっています。

会員登録は、「メールアドレス(フリーメールアドレス可)」で行えるようになっているため、わざわざ電話連絡をする必要はありません。

有名なクラウドソーシング

クラウドワークス・ランサーズ・シュフティは、多種多様な在宅勤務の求人を取り扱っています。そのため、これから在宅勤務の未経験者として働きたい場合は、これら3社の中から好きなものを選ぶと良いでしょう。

ココナラは、「スキルを売る」ことができるサイトなので、すでに在宅勤務に慣れている人ほど多くのチャンスをものにできます。

サグーワークスは「ライティング専門」のサイトなので、記事作成に力を入れているサイトを探している場合は、サグーワークスがオススメです。

クラウドソーシングは無料

クラウドソーシングは登録料金無料の代わりに、次のような料金が発生するようになっています。

  • システム手数料
  • 振込手数料

システム手数料は報酬の10~20%、振込手数料は100円以上プラス税金となっているので、積極的にデータ入力の副業をしない人では、報酬が少なく感じるでしょう。

報酬受取用の口座開設

クラウドソーシングの利用で重要となるのは口座開設です。

在宅勤務に適切な銀行口座の選び方

  • クラウドソーシングで推奨されている銀行口座(楽天銀行など)
  • オンラインバンキング(楽天・ジャパンネット・ゆうちょなど)

「特定の銀行口座に対する振り込みは振込手数料が安くなる」ので、こちらも意識して口座開設を行うようにしましょう。

ジャパンネット銀行・ゆうちょ銀行のような、オンラインに対応している銀行口座は「オンラインバンキング」と言います。報酬受取がスムーズになるため、楽天銀行・ジャパンネット銀行・ゆうちょ銀行で、クラウドソーシング用の口座開設を進めると良いでしょう。

データ入力の選び方

最重要となるのは、作業内容がハッキリしている求人を選ぶことです。ハッキリしていない求人は、作業量が過剰であったり、報酬が少なかったりなどのトラブルが多いので、あまりオススメできる求人ではありません。

作業内容が明確なものを選ぶ

データ入力の求人は、副業であってもオススメしやすい仕事と、オススメしづらいものに分類しやすいです。

  • PDF(会議資料など)のデータ入力
  • 住所録・アンケートのタイピング
  • 作業内容・作業時間が明記されているもの

これらの作業であれば、データ入力未経験者でも安心して作業を進められるでしょう。

テープ起こし・文字起こしが作業内容となっている、データ入力の副業には注意してください。

「テープの長さは60分」と書かれていても、文字に起こす際の時間は倍以上の時間がかかるケースも少なくありません。

作業単価を確認する

データ入力の仕事を受注した際の報酬は、作業単価として案内されています。

  • 相場を確認する
  • 時給を確認する

クラウドソーシングでは、自動的にシステムによって「相場・時給」の調査を行ってくれるサービスがあるため、まずはこちらを確認しましょう。

相場・時給ともに安いと感じる場合は、他のデータ入力の求人に応募したほうが無難です。

評価を確認する

クラウドソーシングの求人には、クライアント(仕事の発注者)の評価が掲載されています。

  • 評価が無い
  • 評価はあるが悪い評価が目立つ

このような問題を抱えているクライアントとは取引をしないほうが良いでしょう。

他にも、「SNS(Twitter・LINEなど)上での取引を要求してくる」ケースにも注意してください。

データ入力とは別の仕事を依頼してくるケースが多く、その際に個人情報を聞き出そうとする、手数料を請求してくることがあります。

データ入力を始めるメリット・デメリット

データ入力は、副業であってもメリットばかりではありません。デメリットも知っていると、より納得できる状態でデータ入力を始められるでしょう。

データ入力のメリット

在宅勤務の副業には、次のようなメリットがあります。

  • 自宅で働ける
  • 好きな作業量・時間に働ける
  • 人間関係に悩まされないですむ
  • パソコン操作のスキルを活かせる
  • スキルアップで収入増

その他のメリットでは、主婦でも働けるメリットがあるため、在宅勤務のデータ入力を始める女性が増えてきました。

データ入力の場合、「定められた作業を繰り返すだけで良い」ため、新しい作業・マニュアルを覚える際も時間がかかりません。

特殊なパソコンスキルも要求されないため、在宅勤務の経験が浅い人でも始められます。

データ入力のデメリット

在宅勤務の副業には、次のようなデメリットがあります。

  • 作業単価が高くない
  • 単純作業なので飽きてしまいやすい
  • パソコン操作で目・肩・腰に疲労がたまる
  • タイピング速度を要求される
  • 情報がいい加減な求人がある

データ入力の副業は、「内職に近い報酬の求人もある」と思ったほうが良いです。

そのため、まともなデータ入力であれば「1時間で800~1100円ほど稼げる」ことが多い・・・、こちらを知っていると、いい加減な情報・求人に戸惑うケースが減るでしょう。

また、データ入力の性質上タイピング速度は要求されます。

そのため、タッチタイピングできる程度のスキルが無い場合は、データ入力の求人に応募しても採用されないこともあると思ったほうが良いです。

その代わり、「最低限のパソコンスキルを有している」だけで、多数のデータ入力の求人に応募できるチャンスを得られます。

一般的なアルバイト並みの稼ぎになる求人が多い・・・、そのことも考慮すると、こちらのデメリットは大きな問題とは言いづらいでしょう。

データ入力の疑問

これからデータ入力を始める人のために、データ入力の様々な疑問・回答をまとめてみました。データ入力の仕事内容だけでなく、年齢・働き方・雇用形態に関する情報もまとめてあります。

データ入力は文字打ちと同じ?

文字打ちは「キーパンチャー」に分類されるため、データ入力と同じではありません。

違いをまとめると、次のようなポイントに大きな違いがあります。

  • キーパンチャーは文字打ちのみ
  • キーパンチャーは膨大な情報量を取り扱う
  • キーパンチャーは専用機器を使用することがある
  • データ入力は文字打ち以外の仕事(事務作業など)も含まれる

データ入力はパソコン・スマホがあるだけで求人に応募できるのですが、キーパンチャーの場合は、実績を問われるところで大きく違っています。

キーパンチャーの求人は、手書き原稿・伝票・アンケート・申込書の入力業務に対して出ているため、これらの仕事に関わるデータ入力の求人を探さない限りは、あまりヒットしない求人でもあるのです。

データ入力は学生でもできる?

データ入力のバイト・副業を探していると、「高校生でも申込可能」の求人が見つかるため、学生でもできるのは確かです。

ですが、次のような特徴を知っていないと、データ入力を始めてからやめたくなるかもしれません。

  • 作業単価は1文字0.1~0.2円
  • タッチタイピング技能を問われる
  • 作業量が特別多いわけではない
  • 専業主婦など女性を優先的に募集している求人が多い

正社員のデータ入力は、時給1000円を超えるものも少なくないので、データ入力でしっかりとした収入を得ることが可能です。

しかしバイト・副業に分類されるデータ入力では、時給300~500円のケースも少なくないため、稼げる在宅勤務とは思わないほうが良いでしょう。

その他にも、次のような面倒な要素もあるため、学生向きとは言えない在宅勤務の一種です。

  • パソコンが必要
  • Word・Excelが必要
  • 学校の許可が必要
  • 保護者の承諾を得ておかないといけない

ネット上では、「スマホだけで始められる在宅勤務」の情報もありますが、こちらはデータ入力ではなく、「アンケート」なので注意してください。

データ入力はタッチタイピングによる高速入力を求められるので、スマホのみでは始めることが難しいです。

データ入力は短期のみでも可能?

短期のみのデータ入力は簡単に見つかります。

データ入力の求人を見つけた際に、「プロジェクト」、もしくは「作業継続のお願い」を確認しましょう。

プロジェクトの日数が短いものであれば1週間ほどで終わるものが多く、作業継続をお願いする予定がない場合も、長々と作業を続けないでも良いデータ入力です。

もしくは、在宅勤務の求人に申し込む前に、「短期で働きたいこと」を伝えておくと良いです。

データ入力の場合、1週間に1日以上、1日1時間以上の勤務が可能な人を募集していることも多いので、好きな時間に働けるのが長所の職種でもあります。

英語のデータ入力はある?

厳密には、「英語のデータ入力は無い」ので、英語力を活かせる在宅勤務を探している場合は、次のような職種・スキルマーケットで求人を探したほうが良いです。

翻訳・クラウド通訳ともに、TOEIC600~800点であれば応募できる求人が多いです。

翻訳の場合、在宅のまま書籍・映像などに登場する英語を翻訳することが多く、翻訳にかかる時間が長いものほど高収入を期待できます。

クラウド通訳は、最近になって誕生した在宅勤務の一種で、スマホを活用して収入を得られるため、ぐんぐんと知名度が上がってきました。

クラウド通訳の仕事内容は、スマホのビデオチャットを活用して働くものなのですが、1回あたりの報酬が1万円を超えるため、翻訳者として働きながら、空いた時間にクラウド通訳を行う人が多くいます。

クラウド通訳では、外国人観光客の通訳をすることが多いため、「流暢に外国語を使い分けることができる人」であれば、長くクラウド通訳を続けられるかもしれません。

ココナラとはスキルマーケットのことで、ワンコイン(500円)でスキルを売ることができます。

翻訳・外国語のライティング・英語サイトのリサーチ業務・テープ起こし・英文の添削業務など、ココナラでは英語力を活かせる求人が多いです。

せっかくのスキルを眠らせておくのはもったいない……と感じている人は、ココナラで腕試しをされてみると良いでしょう。

データ入力のみの正社員雇用はある?

正社員雇用しているケースはまったくなく、ほとんどがデータ入力以外の業務もこなせる人であれば、正社員雇用が可能な求人となっています。

補足となりますが、データ入力の求人で良く見られる雇用形態は、次のとおりとなっています。

  • 契約社員
  • 派遣社員
  • アルバイト
  • パート

正社員のデータ入力として働きたい場合は、次のような条件をクリアできる人でなければ、基本的に正社員雇用は難しいと思ってください。

  • 事務作業をこなせる
  • 過去に事務作業の経験がある
  • オフィスなど会社に出勤することができる
  • 一般的な書類審査・面接を受けられる
  • フルタイム勤務をこなせる
  • 長期間の雇用に対応できる

データ入力(正社員)求人の多くは、「コールセンター、通販会社」でまとまっているため、「勤務先の自由度が少ない」ことも考慮に入れて、本当に正社員として勤務したいのか検討したほうが良いです。

タイトルとURLをコピーしました