在宅勤務はばれる!?副業をしていることがばれない方法は?

ばれる

副業として在宅勤務を選ぶ人はいます。時間の有効活用になるだけでなく、在宅勤務はスキルアップにも良いため選ばれることが多いです。ですが、すぐに在宅勤務を始めるよりも、現在の職場にばれない形で働く方法を知っておいたほうが良いでしょう。

賢くダブルワークする方法

副業がばれる原因は、在宅勤務にはまってしまう人がいるからです。他にも、副業を禁止していないか確認したり、年末調整の際に、副業をしていることがばれるケースがあります。ですが、これらの対応を怠らないようにするだけで、安全な在宅勤務が可能となるのです。

副業を禁止していないか確認する

現在の職場以外で働くことをダブルワークと言いますが、ダブルワークは企業によっては容認していないので注意してください。

なので、ダブルワークを禁止していないか確認することも大事なのですが、ダブルワークしていることを教えてしまうことも良くありません。

副業によっては稼ぎの良いものもありますが、しばらくの間は稼ぎを貯金しておくだけにしておき、羽振りが良いところは見せないほうが良いです。

企業によっては、「本業に精を出して欲しい」という理由で、ダブルワークがばれると副業をやめさせられる、・・・場合によっては雇用契約を失うこともあります。

副業がばれる原因

真面目に本業を行っている人でも、ちょっとしたミスで副業がばれることはあります。

  • 出社時間が遅く退社時間が早い
  • 副業による収入増で翌年の住民税が増額

ダブルワークをしていると疲労がたまるため、出社時間が遅くなる人は多いです。そのため、仕事に慣れるまでは長時間の勤務を避けるようにするのが理想です。

在宅勤務の場合も、ついついのめり込んでしまう人がいるため、いつもより就寝時間が遅くなり、結果として出社時間・退社時間を気にすることが多くなります。

住民税が増額すると、企業で行っている年末調整によって収入が把握され、その後、副業をしていることがばれます。

給料が手渡しでも副業がばれる

直接お金をもらうようにすれば、副業はばれないと思ってしまう人もいますが、ばれる原因の1つなので注意してください。

どのような形であっても、企業側は「お金の流れを把握している」ため無意味な行動になります。

確定申告を無視してもばれる

賢い手段のように思われますが、住民税の申告を避けることができないため、副業をしていることがばれるようになっています。

  • 副業による収入が年間20万円以上
  • 2ヶ所以上から給料を受け取っている

こちらの条件を満たしてしまうと、「確定申告が必要」となるので、稼げる副業をされている人のほとんどは、収入増によって確定申告を余儀なくされるようになっているのです。

もし、副業による収入を年間20万円未満に抑えたとしても、「住民税の申告は必要」なため、収入増分の住民税を支払う流れで、副業がばれてしまうようになっています。

ばれない副業のカギは普通徴収

住民税は給料から天引きされるのですが、普通徴収を選択することで自らの手で納付できるようになります。

在宅勤務の副業を始める場合も、「住民税の徴収方法を普通徴収にする」だけで、何の問題もなくばれない副業を続けることができます。

住民税の普通徴収ですが、役所から納付書が送付されるようになっているため、納付書を通じて支払いを終えるだけで問題ありません。

普通徴収の選択が許容されないケースもある

自治体の多くは普通徴収ではなく、特別徴収を推奨しているので注意してください。

そのため、普通徴収は100%選択できるわけではありません。

在宅勤務の副業でも、こちらを知らずに始めてしまうと、特別徴収を通じて副業がばれることはあります。

自治体によっては、「普通徴収ができない」ケースまであるため、副業がばれるリスクを0に近づけたいのであれば、こちらも確認した上で、在宅勤務を始めるようにしましょう。

収入を微調整できる在宅勤務

確定申告を避けるため、年間20万円以上を稼がない人はいます。年間20万円未満の収入になる在宅勤務は限られているのですが、データ入力・ライティングは、作業単価が安いためオススメです。毎月1万円の収入を得ている人も多く、在宅勤務の中では求人件数も少なくありません。

データ入力

帳簿に記録されているデータを、端末に入力する作業をデータ入力と言います。

最近のデータ入力では、過去に使用していたExcelファイル・PDFファイルのデータを、他の拡張子(ファイル)に入力する業務もあるため、すべての作業がパソコン・インターネットのみで完了するようになっています。

時給1000円以上になる求人もありますが、1日1時間からで勤務することも可能なため、収入を抑えたい人にオススメの副業です。

ライティング

ライティングは、定められた媒体で情報収集を行い、情報収集の結果をオリジナルライティングとして反映するのが仕事です。

WEBライティングの場合は、WEB上の情報を記事としてまとめあげるのが仕事で、慣れるまでは作業量、作業単価が高くなりません。

データ入力と同じで、時給1000円以上になる求人は見つかるのですが、長時間勤務が必須となっている求人は少ないです。

タイトルとURLをコピーしました