日払い・週払いの仕組みは?日払い・週払いのメリット・デメリットは?

仕組み

在宅バイト、在宅勤務のどちらでも、今では、日払い・週払いに対応している職業があります。ですが、1日後・1週間後にしっかりと支払いされる仕組みではないため、想像以上に素早く現金を得られないこともあるのです。

日払い・週払いの仕組み

在宅勤務の場合も、日払い・週払い可能となっている求人であれば、採用後に日払い・週払いの設定を行うことができます。ですが、雇用者・被雇用者で齟齬(そご)が生じることも多いため、日払い・週払いの仕組みを知っておいたほうが良いでしょう。

1日後・1週間後の支払いは保証されていない

日本では珍しいのですが、アメリカのような海外では日払い・週払いの制度を取り入れている企業は多いです。

海外では「1日後・1週間後に正しく支払われるケースが多い」ので、国内でも、同様の日払い・週払いを受けられる・・・と勘違いされている人は多いです。

しかし国内では、「雇用者の決めたタイミングで支払われる」ようになっているため、翌日に日払い分を受け取れる・・・と思っていると、翌々日に入金になるケースもあります。

これは週払いでも同じです。

週払いの場合、「翌々週になってしまうこともある」ため、すぐに現金を受け取れるとは思わないほうが良いでしょう。

仕事終了後に現金を受け取りたい場合は即日払い

国内では、土建業者で良く見られる支払制度なのですが、即日払いであれば支払日がずれることなく現金収入を得られます。

ですが、次のような特徴のある支払制度のため、在宅勤務で見かけることが少ない支払制度です。

  • 現場仕事で採用されていることが多い
  • 重労働の仕事で良く見られる
  • 定められた条件を満たす必要がある

求人サイト・求人検索サービスでは、日払い・週払いに対応している求人検索を行えるようになっています。

ですが、即日払いはまったく見つからないので、在宅勤務の場合は、日払い・週払いに対応している求人を探したほうが良いでしょう。

日払い・週払いのメリット・デメリット

日払い・週払いはメリットばかりではありません。在宅勤務の場合も、デメリットが発生するケースはあるので、在宅勤務を続けていく上で、メリット・デメリットの両方を知っておくことは重要です。

日払い・週払いのメリット

給料日までの期間を短くできるので、日払い・週払いに対応している求人を選ぶ人は多いです。

  • 生活が楽になる
  • 急な出費に対応できる
  • 高時給を期待できる求人が多い
  • テンション・モチベーションを維持できる
  • 職業の選別も兼ねている
  • 労働日数の選別も兼ねている

日払い・週払いに対応している求人の多くは、時給1000~2000円と高時給のものが多いです。

職業・仕事内容・労働日数がハッキリしている求人が多く、「短期」、「夏季限定」のような、定まった期間のみ雇用の求人も多く見つかります。

なにより日払い・週払いに対応している求人であれば、ほぼ毎週で収入が発生するため、テンション・モチベーションを下げないですむ大きなメリットが発生します。

日払い・週払いのデメリット

日払い・週払いはメリットだけでなく、良く理解していないと大損するデメリットもあるので注意してください。

  • 日払い・週払いに甘えてしまう
  • いきなり仕事が無くなることもある
  • 人気の高い求人が多い
  • 採用後は研修ありが多い
  • 確定申告の際に申告ミスをする可能性がある
  • 仕事内容がハードな求人もある

毎日、毎週が給料日のような状態のため、在宅勤務の日払い・週払いであっても、「ついついお金を使いすぎる」ことはあります。

人気の高い求人が多いため、ゆっくりと仕事探しをしてしまう人では、あっという間に求人が無くなってしまうこともあるので、求人探しになれるまで時間がかかるでしょう。

しかも、細かく給料を受け取れるため、具体的な収入を把握することが難しくなり、確定申告でミスをしてしまうこともあるのです。

これらのデメリットだけでなく、日払い・週払いに対応している求人の多くは、在宅勤務であっても、ハードな求人が多いです。

夜間のみ働く在宅勤務もあれば、経験者のみ応募可能な求人もあります。

その他では、1日7時間以上の勤務に対応できる人のみ募集の求人もあるため、空いた時間を有効活用できる在宅バイトとは思わず、スタッフとして働くものが多いと思ったほうが良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました