在宅勤務に資格は必要?どんなスキルがあると働きやすい?

在宅勤務_始める_資格

在宅勤務を始める人は増えていますが、在宅勤務は資格無しでも働けるようになっています。ですが、あったほうが良いスキルもあるので、こちらも理解した上で、在宅勤務の求人に応募したほうが良いでしょう。

在宅勤務は資格無しで働ける

アメリカなど海外では、在宅勤務をすること自体珍しいものではなくなっています。そのため、資格無しのままで働けることも、必要となるスキルが少ない事実を知っている人が多いです。

在宅勤務で必要になる資格・スキルの把握は、在宅勤務を始める前に最低限知っておいたほうが良い情報なので、難しく考えずに学んでおきましょう。

在宅勤務に対応できる人は採用されやすい

経験・作業環境に問題が無い人であれば、在宅勤務の求人で採用されやすいです。具体的には、以下の条件を多く満たせる人であれば、問題無く在宅勤務を始められるでしょう。

  • 実務経験がある
  • パソコンを操作できる
  • Windows officeをインストールしている
  • インターネット回線を用意している
  • 通信手段を用意している
  • コミュニケーションが嫌ではない

在宅勤務は、「〇〇資格検定」のような資格保有者でなければ、採用してもらえないわけではありません。

今まで事務員として勤務されていた人であれば、事務の経験を活かして働くことができます。

企業から求められることの多いスキル

在宅勤務で求められるスキルの多くは、会社勤務されていた人であれば当然のスキルばかりです。

  • 電話・メールに応じることができる
  • パソコンでタイピングを行える
  • 社会人としての付き合いができる

パソコンのタイピングを除くと、社会人としてビジネスマナーを理解しているか問われているだけです。

平日であれば問題無く情報のやり取りができる、電話・メールによる連絡方法を知っている、コミュニケーションを行えるなど、これらの対応が可能なだけでも、在宅勤務を始める上では評価されることがあります。

在宅勤務で人気の資格

在宅勤務の能力を証明する際に役立つ資格、定番の資格をまとめてみました。取得することで発生するメリットについても触れています。

MOS

MOSは、マイクロソフトオフィススペシャリストを意味しています。

Microsoft Officeの基礎的なスキルを有していることの証明になるため、Excel・Wordの扱いに慣れている人が持っていることの多い資格です。

在宅勤務の求人でも役立つのですが、事務・会計の求人では必須になっていることもあります。

また、MOSを取得していることによって作業効率アップにもつながるため、Excel・Word・PowerPointの扱いに長けたい場合も、取得しておいたほうが良い資格です。

日商簿記検定

在宅勤務の仕事を得るために日商簿記検定を取得している…のではなく、「確定申告」で日商簿記検定が役立つため取得している人が多いです。

日商簿記検定は3級からでも役立つとされているので、無理に2級を取得しないといけないわけではありません。

日商PC検定

日商PC検定を取得していると、次のような能力があることを証明できます。

  • 基礎的なパソコン業務
  • 基礎的なパソコンの知識がある
  • 基礎的なネットワークの利用方法

日商(日本商工会議所)主催の認定資格となっているため、企業側も日商PC検定を評価する傾向にあります。

日商PC検定3級から評価されるため、2級・1級でなければ評価されないと決まっているわけではありません。

日商PC検定の強みは、パソコン・ネットワーク・表計算ソフト・文章作成ソフトの実践力があることを証明できるところです。

他のパソコン資格に比べてリーズナブルなため、役立つ資格を早めに取得したい場合も日商PC検定がオススメです。

WEBライティング能力検定

クラウドワークス・ランサーズといったクラウドソーシングでは、WEBライティング能力検定を評価してくれるクライアントが多いです。

ライティングの処理能力が高いのかを判定する資格で、WEBライティングの要経験者を募集している求人を見かけた際に、WEBライティング能力検定持ちであることをアピールできると、即採用が決まることもあります。

WEBライティング能力検定は、日本WEBライティング協会・日本クラウドソーシング検定協会の認定資格なので、ライターとしての強みがない…と感じている場合は取得を目指したほうが良いでしょう。

WEBデザイン技能検定

WEBデザイン技能検定は、これからますます人気になると言われている資格です。

WEBデザイン技能検定を取得することによって、WEBページ作成・システム構築・セキュリティ対策といった、WEBデザインの基礎をこなせることを証明できるのですが、今では、インターネット利用者が急増しているため人気の資格となりました。

しかもWEBデザイン技能検定は「厚生労働省認定資格」なので、在宅勤務のWEBデザイナーの求人でも良く見かける資格です。

他の資格に比べて収入に与える影響が大きいのも、WEBデザイン技能検定の強みでしょう。

前述のとおり、今ではWEBデザイナーを欲しがっている企業が増えているため、正社員登用のチャンス、収入増のチャンス、将来的に独立できるチャンスもあるため、男女問わずで人気の資格となっています。

ファイナンシャルプランナー

社会生活を営む上で必要となる資格が、ファイナンシャルプランナーです。

ファイナンシャルプランナーとは、社会生活で重要となる生活相談・生活指導を行う際に必要となる資格で、在宅勤務の求人では、ファイナンシャルプランナー3級以上から募集となっている状況です。

ファイナンシャルプランナーは用途の幅が広いため人気で、次のような業務でも使い回すことが可能となっています。

  • 金融
  • 不動産
  • 税制など税関連
  • 借金返済などローン
  • 各種保険
  • 家計管理

在宅勤務の求人では、「3級FP募集」というふうにファイナンシャルプランナーではなく、FPと省略されていることが多いので注意してください。

タイトルとURLをコピーしました