転売は儲からない?在宅でお金を稼げる以外はデメリットだらけ!

転売行為は「せどり」とも言うのですが、儲かる人、儲からない人がいるので注意してください。新型コロナウイルスの影響もあり、今では転売ヤーが注目されるようになりました。ですが儲けているのは、儲けられるだけの資金がある人、もしくは、記事に書かれているような転売のデメリットを跳ね除けることのできる、一部の人のみなのです。

転売ヤーを苦しめる転売のデメリット

在宅のままお金を稼ぐことも可能なので、本気で転売ヤーになろうか迷っている人が今では増えてきました。ですが、転売には多くのデメリットがあり、こちらを知らずに始めてしまうと大損をしてしまう可能性があります。

利益が出ないと損失になる

当然のことかもしれませんが、儲けるためには損失を減らさないといけません。

もし、仕入れたものが売れなかった場合、それらは「不良在庫」になることを忘れてはいけないのです。

例えば、1個で1000円の利益を出すものが10個売れたとしても、商品価格が1個10000円の場合は、11個中10個売れたとしても「儲かっていない」状況となります。

商品によっては、中々売れないものもあるので、不良在庫を抱えない自信が無い限りは転売ヤーにならないほうが良いでしょう。

商品の需要をチェックしないといけない

最近では、新型コロナウイルスの影響で「マスク・アルコール消毒液・エタノール」などが高値で販売されています。

ですが、これらの商品がこれから先も売れ続けるとは限りません。

実際に、以前までは1枚100円以上の価値があったマスクについても、今では1枚50円以下で購入できるようになりました。

転売行為は在宅のまま行えるのですが、良く商品の需要を理解せずに仕入れてしまうと、「不良在庫が出る」、「資金を失う」デメリットが発生するのです。

楽をして儲けたい・・・、このような考えを持っている場合は、転売ヤー向きとは言えないでしょう。

手数料の計算をしないといけない

転売ヤーがお金を得るまでの過程をざっくりまとめると次のようになります。

  1. 商品を仕入れる
  2. フリマアプリなどで販売する
  3. 商品が売れる
  4. 指定口座に入金される

1~4を繰り返すだけでお金を稼ぐことができる・・・と思ってしまいますが、オークションサイト・フリマアプリのどちらを利用したとしても、「5~10%ほどの利用手数料が発生する」ため、商品が高値で落札されないと損失が出てしまいやすいです。

10000円の商品では500~1000円の手数料が発生するため、利用手数料が積み重なると馬鹿にできない損失になることもあります。

送料が高い

過去であれば500円ほどの送料ですんだものが、今では100円以上も値上がりしているなど、送料は安くなる兆しを見せません。

今では、運送業者の人材不足が深刻化しているので、こちらの問題が解消される可能性は低いでしょう。

最近になって、転売・せどりをやめる人は増えてきたのですが、こちらのデメリットが想像以上に大きいため、やむなく転売から身を引いている人もいます。

労働力を要求される

転売ヤーになれば儲かる、毎日楽をして生きていける・・・、このような幻想を抱いている人もいますが、転売ヤーは「他の職種に比べて労働時間が長い」と思ったほうが良いです。

転売ヤーとして生きていくためには「利益をあげないといけない」ので、利益が少ない間は、常に働いていないといけません。

儲かっている転売ヤーであっても、ニュースのインタビューでは「休みなしで働いている」と答える人が多く、安定的な休みに対してこだわりがあるような人では、務まらないと理解したほうが賢明なのです。

現実を知るとモチベーションがどん底になる

新型コロナウイルスの影響でマスクなどが爆売れ!だったのも束の間・・・、今では「借金地獄」で苦しんでいる転売ヤーが増えてきました。

しかも今では、「一部の商品の転売行為が禁止される」ようになったため、その勢いは加速していると言えます。

動画のように、そんな現状を暴いている動画・ニュースが増えているため、このような状況に対してモチベーションが下がりやすい人では、長く続けられないと理解したほうが良いでしょう。

規約違反をしてはいけない

「出品はルールを守りましょう」と言えばそれまでなのですが、転売ヤーの場合は、通販サイトごとでルールを守らないといけないデメリットが発生します。

  • Amazon
  • メルカリ
  • 楽天フリマ
  • Yahoo!オークション

通販サイト・オークションサイト・フリマアプリの数は、有名なものだけでも10を超えます。

厄介なことに、サイトごとで「ルールは違う」ことも理解して出品をしないといけないため、このような手間暇が面倒・・・という人では、転売ヤーとして芽が出ない可能性があります。

しかもルールのほとんどは、定期的に見直される(つまり変更される)ことが多いので、何も知らずに出品を繰り返していると、規約違反のデメリットが発生することまであります。

クレカ回しで借金地獄

クレカ回しとは、「クレジットカードを用いて仕入れること」です。

これによって、お金のない転売ヤーでも転売行為を開始することが可能になります。

もし儲かったのであれば問題ないのですが、長々とデメリットの話を続けてきたとおりで、転売ヤーとしてチャンスをつかむことのできる人は少数です。

つまりクレカ回しを行ってしまうと、大半の転売ヤーは「借金返済のためのクレカ回しをする」状況に陥ってしまいます。

転売ヤーは儲かるという情報の中には、「資金なしでも始められる!」という情報もあるのですが、こちらはクレカ回しなどで借金をさせることが狙いです。

その後、カードローンなど他の借金で借金返済を続けさせるケースもあるため、簡単には借金地獄から抜け出すことができません。

この借金地獄は、世間的にも経済的にも苦しい地獄のため、異常事態を異常と感じることができない人は、転売ヤーを始めないほうが良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました