在宅勤務を始めるには?知っておいたほうが良い在宅勤務の基礎知識

在宅勤務_始める_作業環境

インターネットが普及している影響もあり、スムーズに在宅勤務を始めることができます。ですが、なぜ今のような作業環境で在宅勤務を行っているのか、今のままでも安全なのかを理解していない人は多いです。そんな状況を打破したい場合は、作業環境・セキュリティを学んだほうが良いでしょう。

在宅勤務の作業環境

自宅からのリモート操作が可能な場合、在宅勤務は行えるようになります。ですが、ケース別で作業環境が異なるだけでなく、作業環境によってセキュリティレベルにも違いが生じます。

  • 自宅にパソコンがある、VDI導入で業務用パソコンをリモート操作
  • 自宅にパソコンが無い、会社のパソコンを使用してVPNで在宅勤務

セキュリティレベルはVDI導入のほうが高いです。

ネットワークは「VPN」、デスクトップ仮想化は「VDI」というのですが、VDIは第三者からデータを守ることが可能なため、VDIを導入する企業が増えてきました。

VDIはセキュリティレベルが高い

在宅勤務をネットワークで行う場合、次のようなセキュリティリスクが発生します。

  • 物理的な情報漏洩
  • 自宅のパソコンに会社の情報が蓄積する

在宅勤務でパソコンを操作することは可能でも、セキュリティリスクに備えることは難しいことです。

VDIを導入している在宅勤務では、「サーバー上のVDI基盤にリモート接続する」ため、ネットワークを使って情報をやり取りするケースとは異なります。

情報が自宅のパソコンに蓄積される問題についても、デスクトップ仮想化で対応しているのが特徴です。

VDIは、「実データのやり取りではない」方式で、データ暗号化もされているため、第三者からデータを守ることが可能となります。

在宅勤務で必要になるもの

在宅で仕事をする際にあると便利なもの、無いと困るものをまとめました。

ノートパソコン

在宅勤務で必要になるものなのですが、実は、会社から貸与できるケースが多いため、貸与させてもらえるかを確認しておいたほうが良いです。

デスクトップパソコンの場合、配線作業が面倒で重量もあるため、余計な機能を搭載する気がない場合はノートパソコンを選びましょう。

スマホ

在宅勤務の場合、次の条件を満たせる人ほど、仕事を依頼してもらえるケースが多いです。

  • インターネット環境が光回線
  • 連絡ツール(スマホなど)を使える状況にある
  • パソコンOSがWindows

在宅勤務の中にはスマホのみで仕事をこなせるものもあるので、無いよりはあったほうが良いでしょう。

光回線

インターネット回線は光回線、もしくはADSLでも良いとされています。

ではどうして、光回線が必要と案内している求人が多いのかというと、それは、無料Wi-Fiでインターネットにアクセスしている場合、セキュリティ上のトラブルが発生するからです。

なので、インターネット回線の契約を組んでいるかどうかを確認するため、光回線・ADSLにこだわっている業者が多いのです。

モバイルバッテリー

あると便利なモバイルバッテリーですが、作業部屋にコンセントがある場合は不要です。

モバイルバッテリーがあると、作業部屋以外でも働けるようになるため、自由度の高いワークスタイルを確立したい場合は、モバイルバッテリーも用意しておきましょう。

マイク付きヘッドホン

ノートパソコンを使って会話をする場合、スピーカーを使って話をすることもできますが、大事な情報を漏らしてしまう可能性があります。

マイク付きヘッドホンを使用すると、大きな声で会話をしないでも会話が成立するため、仕事中の会話でストレスが溜まるケースが少なくなります。

MOLDEX メテオ (モルデックス メテオ 8ペア)

MOLDEX メテオ (モルデックス メテオ 8ペア)

320円(06/02 07:37時点)
Amazonの情報を掲載しています

作業に集中したい場合は耳栓を購入すると良いです。

騒音を遮断してくれる耳栓はAmazonで簡単に見つかりますし、安いものであれば1ヶ月分で500円もかかりません。

体に合ったオフィスチェア

在宅勤務の作業効率をアップさせたい場合、オフィスチェア選びが重要となります。

体に合うものを選ぶことは大事なのですが、相場を知らずにオフィスチェア選びを進めてしまうと、5万円以上の高価なものを買ってしまうことがあります。

オフィスチェアは、2万円以内のものでも人気商品が多いので、価格・機能・素材・サイズも含めて、自分に合うものを見つけるようにしてください。

オフィスチェアの詳細は、在宅勤務にオススメの椅子は?オフィスチェア選びで失敗すると体を痛める!?の情報が参考になります。

空気清浄機

あると作業効率アップにつながると言われているのが、空気清浄機です。

在宅勤務を始めるようになると、ずっと自宅にいるので部屋は清潔なまま…と思ってしまいますが、人によっては長く掃除をサボってしまう人もいます。

すると、部屋が少しずつ汚れていくため、部屋の大きさ、汚れの性質にあった空気清浄機はあったほうが良いのです。

空気清浄機は、次のような問題の改善にも良いので、衛生面を気にする人が増えている現代では人気商品となっています。

  • 細菌
  • 花粉症
  • ハウスダスト
  • 生活臭
  • ペット臭

たばこの臭いですが、空気清浄機で100%良くなるわけではありません。

「軽減はできる」のですが、一酸化炭素・たばこのヤニなど有害物質は、あまりにも小さいためすべて除去することが難しいのです。

バリスタマシン

コーヒーを淹れるマシンをバリスタマシンというのですが、安いものであれば3000円ほどで購入できます。

バリスタマシンでコーヒーを淹れると、「香りが従来の25%も良くなる」というデータもあり、コーヒーを飲むことによってポリフェノールを摂取することもできます。

ポリフェノールには抗酸化作用があるため、免疫力を高めるために飲む人も増えてきました。

なにより香りによって心を落ち着かせることができるため、在宅勤務中にホッとしたい人にオススメです。

必要になるものはレンタルできる

ここまで様々なアイテムの紹介を行ってきました。

ですが、人によっては「必要かハッキリしないものを購入するのは…」と悩むケースもあるので、そんな時は、家電のサブスクリプションサービスを利用すると良いです。

オススメとなるのはClasで、こちらであれば月400円からで欲しい商品を借りることができます。

最低利用期間は3ヶ月からとなっているため、在宅勤務を長期間こなす気はない人でも安心して利用することができます。

Clasでは、返却もスマホのみで対応可能となっているため、パソコンが無いと申し込みできないサービスではありません。

在宅勤務で懸念される情報漏洩

企業側がどれほど情報漏洩に注意していても、「VDI以外で情報漏洩する」ことはあります。

  • 誤操作
  • 端末の紛失(置き忘れ)
  • 不正行為

誤操作で情報漏洩

ヒューマントラブルによって情報漏洩が起きるケースは珍しくありません。

良く発生するヒューマントラブルでは、次のようなケースがあります。

  • メール・FAXの送信先が誤っている
  • 送信先はあっているが中身(内容・添付ファイル)が誤っている

在宅勤務は自宅で働けるので、仕事の緊張感が無い状況に陥りやすいです。

紛失(置き忘れも含む)で情報漏洩

紛失物によっては情報漏洩につながるので注意してください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン
  • USBメモリ

パソコンやタブレットはサイズが大きいため、紛失してしまう可能性が小さいです。

スマートフォンはテーブルなどに置くことが多く置き忘れしやすい、USBメモリは小さいので紛失しやすいので、これらの取り扱いには注意してください。

不正行為で情報漏洩

不正行為とは次のような行為なのですが、企業に対する恨み、人間関係の悪化によって不正行為が起きるケースもあります。

  • 会社の情報を外部に持ち出す
  • ネットワークを介して情報漏洩

これらの問題が起きてしまう原因の中に、「金銭を得るため」も含まれます。

実際にあった不正行為による情報漏洩では、大量の顧客情報を業者に売るために無断で持ち出し、DM業者に転売した事例もあるので、企業によっては無縁でいられる情報漏洩ではありません。

情報漏洩を防ぎたい人にオススメの書籍3選

在宅勤務が日常的になった現代では、セキュリティリスクについて学べる書籍の人気が高いです。人気・売上が高いもの3冊を選出したので、セキュリティリスクに興味がある人は、良ければこれらの書籍を役立ててください。

  • 図解入門よくわかる最新情報セキュリティの基本と仕組み[第3版]
  • 情報セキュリティの基本
  • イラスト図解式 この一冊で全部わかるセキュリティの基本

図解入門よくわかる最新情報セキュリティの基本と仕組み[第3版]

図解入門よくわかる最新情報セキュリティの基本と仕組み[第3版]は、サイバーセキュリティの基本をまとめている書籍です。

  • サイバー攻撃
  • ファイアウォール
  • 通信回線機器
  • その他のセキュリティ技術
  • 正しい情報管理
  • 国際基準
  • サイバーセキュリティ関連の法律

これらのことがまとまっているため、基本からしっかりと学びたい人にオススメできます。

在宅勤務で何気なく操作するパソコン、モニターの内側で起こっていることを図解しているため、パソコン・インターネットが苦手な人でも、安心して読み進めることができます。

情報セキュリティの基本

情報セキュリティの基本

情報セキュリティの基本

島田 裕次
1,870円(06/01 17:23時点)
発売日: 2017/03/16
Amazonの情報を掲載しています

情報セキュリティの基本は、次のような情報セキュリティを学びたい人にオススメです。

  • 情報システムの担当者
  • サイトの管理者

企業にとって必要な情報セキュリティ、なぜ必要と言われているのかを解説しているのが本書です。

情報セキュリティの基本を読むと、最低限のセキュリティ知識、そして、情報を運用する側は備えておいたほうが良いこと、その両方をまとめて学べるようになっています。

情報セキュリティの基本では次の情報も取り扱っているので、サイバーセキュリティと具体的な対策をすぐにでも学びたい人は、まず情報セキュリティの基本から読み進めたほうが良いでしょう。

  • 最新のサイバーセキュリティ
  • 最新のサイバー攻撃
  • 最新の暗号技術
  • 電子署名の必要性
  • フィッシング詐欺の手口
  • 不正送金の手口
  • 情報漏洩が起きる事例
  • スパムメールの対処方法
  • 災害が起きた時のサイバーリスク
  • 不要データの分類、削除方法
  • セキュリティチーム編成方法

イラスト図解式 この一冊で全部わかるセキュリティの基本

イラスト図解式 この一冊で全部わかるセキュリティの基本

イラスト図解式 この一冊で全部わかるセキュリティの基本

みやもと くにお, 大久保 隆夫
1,663円(06/02 07:37時点)
発売日: 2017/08/29
Amazonの情報を掲載しています

図解入門よくわかる最新情報セキュリティの基本と仕組み[第3版]、情報セキュリティの基本の内容が難しいと感じる人には、イラスト図解式 この一冊で全部わかるセキュリティの基本がオススメです。

情報セキュリティの基本となる三大要素を解説しているため、余計な情報を頭に入れないで、情報セキュリティを活用できる状態になります。

  • 防御
  • 観測
  • 攻撃

基本的なこと以外解説されていませんが、情報漏洩・不正アクセスを防ぐ方法を学べるため、セキュリティの基礎知識を学ぶのに最適な一冊です。

本書は、「情報セキュリティ、法律をまとめている書籍」でもあるため、情報を守るための法律を学ぶこともできます。

タイトルとURLをコピーしました