ひきこもりでも働ける、まともな収入を得られる!在宅勤務から始まるオンライン生活

ひきこもり

現在ひきこもりとして生活しているがニートになる予定はない場合、在宅勤務で仕事を始めるのはありです。在宅勤務はひきこもりと相性が良いだけでなく、職業によっては収入が高いものも含まれるので、能力に見合った収入を得ることができます。

社員ではなくバイトのような感覚で働ける

在宅勤務の良いところは、「自宅で働ける」ところです。会社のような多くの人とのコミュニケーションを要求される場は、普通の人も実は嫌だと感じている環境です。そのため今では、仕事環境を考えて在宅勤務を選ぶ人が増えてきました。

ひきこもりのままスキルアップできる

在宅勤務の良いところは「すべてオンラインで済ませられる」ところです。

具体的には、次のようなことがすべてオンラインのみで対処できるため、人との付き合いを最少にしたい場合は、在宅勤務を選択すると良いでしょう。

  • メール・チャットによる連絡
  • 仕事の開始・終了
  • 求人の応募
  • 面接
  • 辞職願の提出

今ではオンライン面接があるので、家から出ないで面接なしのまま就職することも可能です。

在宅勤務の場合、電話連絡のみで面接を終えられるものが多いので、人付き合いでリアルタイムの会話が発生する頻度もほとんどありません。

在宅勤務は敷居が低い

在宅勤務を始める場合は、クラウドソーシングで登録をしてから、求人に応募するだけで問題ありません。

その後は、トライアルと呼ばれる試験を受け、トライアルに合格することで正式な仕事の発注となります。

求人を確認すると、作業量・仕事時間・報酬が掲載されているため、その人にあった仕事が見つかりやすくなっています。

クラウドソーシングの特徴

  • オンラインで仕事の発注・受注や報酬の受け取りが可能なサービス
  • 一般的な転職サイトよりも求人件数が多い
  • 性別不問・職歴不問・学歴不問の求人が多い
  • インターネット接続環境が整っていれば求人に応募できる
  • パソコン・スマートフォン対応の求人が掲載されている

クラウドソーシングでは履歴書不要の求人も見つかるため、現在ひきこもりのような生活をされている人でも、特に問題なく応募できるようになっています。

すべてオンラインで解決する

在宅勤務の長所でもあるのですが、ほぼすべての職業で人と接することがありません。

クライアントと呼ばれる「仕事の発注者」と情報のやり取りをする程度で、直接会って話をする機会は無いと思って問題ないでしょう。

ひきこもりとして生活されている人の中には、「人間関係のトラブルが怖い」、「人間関係でトラウマがある」ため、人を避けて生活されている方もいらっしゃいます。

在宅勤務の場合、そんな対人関係のトラウマ・ストレスを軽減しやすいため、今では人気の高い働き方になりました。

仕事のペースは自分次第

ひきこもりとして生活されていると、「普通の人と起床時間が違う」ことは良くあります。

在宅勤務の場合、「期限までに納品する」だけで良いため、就業時間の管理をされるもの、されないものに分類することができます。

そのため、起床時間が安定しないなどのトラブルを抱えている人でも、在宅勤務であれば、焦らずに仕事ができるようになっているのです。

ひきこもりとして今までのライフスタイルを変えたくない・・・、そんな働き方も認めているのが在宅勤務の長所です。

継続するだけで職歴になる

将来的に就職する予定はあっても今ではない場合、将来の就職を有利にするため、バイトを始めるかで悩んでいるひきこもりの人はいます。

ですが、人間関係でトラブルを起こしてしまう可能性もあるため、中々「就職のための一歩目を踏み出せない」人は多いのです。

しかし在宅勤務の場合、「長く働くほど職歴も長くなる」特徴があるため、こちらを活かして働く人が増えてきました。

1日に2・3時間しか勤務されていなくても、100日勤務されたのであれば100日間の職歴がある人になれます。

無職のまま無駄に時間を使ってしまうのはもったいない・・・(生活も苦しくなる)、しかし、現在の状況を打破するのが難しいという場合は、在宅勤務で状況の改善を図ってみましょう。

ひきこもりはデータ入力と相性抜群

ひきこもりとしてスキルアップを果たしていきたい場合、タイピング技能のみで働くことができるデータ入力がオススメです。データ入力は、手書きのデータなどを端末に入力するだけなので、それほど難易度の高い仕事ではありません。

データ入力の仕事内容はひきこもり向き

データ入力は、基本的なパソコン操作のみで収入を得ることができます。

データ入力の仕事の種類は少なく覚えやすいので、簡単な作業の繰り返しで収入を得たい人にオススメです。

特別な知識・資格を要求されることもないのですが、求人に応募する際は注意して欲しいことがあります。

それは「顧客対応の有無」です。データ入力の求人の中には、事務員として勤務できる人を募集しているものもあり、カスタマーサービスのような対応を要求されることもあります。

単価次第で収入が激変する

データ入力の収入は、時給以外では単価によって支払われるものがあります。

  • 単価が1文字0.1円:10000文字の入力で1000円
  • 単価が1文字0.5円:10000文字の入力で5000円

単価は高いものを選ぶのが基本なので、データ入力の場合は、単価が0.4円前後を選び出し応募すると良いでしょう。

1文字0.1円は、相場と比較するまでもなく単価が安すぎるため、「相場(0.4円前後)」を意識して、自分に合ったものを見つけたほうが良いです。

在宅勤務は厄介なことに、未経験者を狙った安い単価の求人が目立ちます。そのため、安い単価を知っているだけでも仕事の安定感が違ってくるのです。

クラウドソーシングで働く場合は評価を意識する

データ入力でスキルアップを果たしたい場合、「仕事に慣れるまでは単価の安いものを選ぶ」のがコツです。

単価0.3~1.0円の求人を見つけた場合は、「あえて0.3円の求人に応募する」のはテクニックなのです。

というのも、ひきこもりとして仕事を始める場合、経験無しで仕事を始めることと同じなので、クラウドソーシングで働く場合も、「評価が0(無し)」の状態でスタートすることと変わりません。

このような問題を解消するためには、1件でも多く仕事をこなす、評価をもらうというのが鉄則です。

評価が多くなってくると、「評価を拝見しました。現在、当社では実績ありの人に仕事の依頼を行っているため、良ければ一緒に働いていただきたいです」のような、スカウトの通知が多くなります。

データ入力でも、スカウトされるケースのほうが単価の良い仕事を受注できるため、仕事に慣れるまでは単価が安いもので評価を増やすのは、クラウドソーシングでは賢明な行動なのです。

データ入力より収入が良いライティング

タイピング技能の資格を有しているなど、すでにスキルを有しているのであれば、ひきこもりであっても高単価が期待できる、そんな求人に応募できるでしょう。ただし、データ入力はタイピング技能の評価がイマイチなので、ライティングの求人案件でスキルをアピールしたほうが無難です。

データ入力との大きな違い

データ入力は「決められたデータ・ファイルの入力業務」です。

しかしライティングは、「情報収集後にオリジナルライティングする」ものが多いため、情報収集・タイピングの両方をこなせる人ほど、収入増につながります。

難しそうに感じるかもしれませんが、ひきこもりの人がライティングの求人に応募するのは珍しくありません。

というのも、「マニュアルが用意されている」在宅勤務の1つだからです。

要領をつかむまではデータ入力と同じノリで働けます。注意点として、ライティングは「データ入力の倍以上の文字数を任されることが多い」ので、タイピングに慣れていない人は応募しないほうが良いでしょう。

オリジナルライティングと言われる、「コピーペーストをしない」作業も遵守しないといけないため、データ入力に比べて、覚えないといけないことも倍以上多いです。

スキル次第で収入が大きく変わる

文字単価の差ですが、データ入力よりもライティングのほうが圧倒的に多いです。

  • データ入力:1文字0.3~0.6円
  • ライティング:1文字0.3~3.0円

データ入力の場合、事務作業の一端である「データを端末に入力する作業」を行うだけなのですが、ライティングは、「コピーライター・セールスライター・WEBライター」の種類によって、数々の記事を作成する必要があります。

つまり、データ入力と比較して実務をこなせる人物の数が少ないため、企業側は優秀なライターを確保するため、高単価の求人を多く掲載しているのです。

ベテランライターの多くは、「1時間で2000文字の入力」を行っていることが多いため、1文字1.0円と比較的安い単価であっても、実は時給2000円以上の収入を得ていることになります。

https://twitter.com/inabatweet/status/1243787916423450626

ブログライターとして大成功する可能性がある

現代では、ひきこもりはライフスタイルの1つでしかありません。

そうでなければ、今日まで「在宅勤務一本で生活してきた人」は、もれなくひきこもりの人という扱いになります。

これから先も、そんなひきこもりの生活を続けていく人は、時代背景もあり増えていくことが予想されるため、あまりひきこもりについてネガティブな意識を持たないほうが良いでしょう。

ひきこもりとしてデータ入力・ライティングを続けている人の中には、「独立する形で収入を大幅アップしている人」もいます。

現代を生きていく上で重要となるのは、これからどうすれば収入増につながるのか・・・、そのビジョンを持つことです。

そのため、最初は月に10万円前後の収入であったとしても、ひきこもりとして、データ入力・ライティングを続けることには意味があります。

ライターとしての技術を磨く努力をされていると、現代のニーズに合った記事を書けるようにもなるでしょう。

すると、その実績を活かして「儲かるブログの運営者」として、生活していける可能性も出てくるのです。

タイトルとURLをコピーしました