在宅勤務の定番ライティングは仕事の種類が豊富で収入も悪くない

ライティング

ライティングの仕事は、在宅勤務の場合も「文章・商品をアピールする」必要があります。そのため、書籍・広告・WEB媒体で活動をしていた人であれば、そのスキルを活かせるライティングが見つかりやすいです。

ライティングは何をする仕事?

広告用の文章を作成する仕事もライティング、WEBサイトで使用されるコンテンツ用の文章を作成するのもライティングです。ですが、媒体によって文章作成ルールが異なるため、ライティングスキルを有している人でなければ、応募できない求人は多いです。

そのため、ライティングの仕事について学ぶ際は、〇〇ライターと呼ばれる、ライティングの種類を先に学んだほうが良いでしょう。

コピーライター

ショッピングサイトの商品ページには商品説明が載っています。

こちらを作成するのがコピーライターの仕事なのですが、直接商品を売るイメージではなく、ブランディング・イメージアップを図るようにライティングできると、コピーライターとしての質が高いと評価されます。

ブランディング

つまり、ブランドとは形のない価値、ユーザーが商品やサービスに対して持つ共通のイメージということになります。

また、ブランディングとは商品やサービスについてユーザーに共通のイメージを認識させることをいいます。

ブランディングを実施し、市場でのポジショニングを確立することにより、商品やサービスの価値を認識してもらい、ユーザーを獲得することができます。

出典:ブランディングの正しい意味とは!押さえておきたい基礎知識と7個のポイント|ferret

セールスライター

ものやサービスを売るための文章を作成する人がセールスライターです。

コピーライターと似ているのですが、セールスライターが対応するライティングは決まっているので、まったく同じ仕事ではありません。

  • ダイレクトメールの文章を考える
  • サイトのLP(ランディングページ)の文章を考える
  • メルマガ(メールマガジン)の文章を考える

セールスライターはキャッチコピーのような、読者の行動を促す文章を作成できる人ほど、セールスライターとしての質が高いと評価されます。

セールスライターとしての実績が多い人を優先的に採用している求人は多く、次のような経験・実績がある人は重宝されやすいです。

  • セールス文の実績を提出できる
  • 様々な業種のセールスライティングをこなせる

ランディングページ

広義のランディングページとは、前述のとおり、ホームページのなかで訪問者が最初にアクセスして「着地」したページのことです。

トップページに最初にアクセスされた場合はトップページがランディングページになり、検索エンジンなどをとおして「会社案内」ページにダイレクトにアクセスが生じた場合は「会社案内」ページがランディングページになるということです。

出典:ランディングページ(LP)とは何か?-メリットをわかりやすく解説!

WEBライター

WEBライターの特徴は、SEO対策を意識してライティングするところでしょう。

SEO対策を施したページを作成するため、次のようなサイト・コンテンツで活躍されている人が多いです。

  • アフィリエイトサイト
  • 企業のホームページ
  • グルメ記事
  • 旅行記事
  • スポーツ記事
  • 金融関連の記事

WEBライターは商品やサービスを売るのが目的ではなく、役立つ情報の提供者として記事を書くことが良くあります。

転職経験の多い人では、転職のコツを案内する記事を書くなど、専門性を問われるのが他のライターとの大きな違いです。

取材ライター

現地に赴く形でお店・スポット・人の取材を行い、その内容を記事にまとめるのが取材ライターです。

在宅勤務の求人でも見つかるのですが、「取材があるため完全在宅ではない」ことを理解した上で、求人に応募するようにしましょう。

取材ライターはインタビューにあてる時間が長いため、コミュニケーションが得意な人ほど向いている仕事です。

その他の特徴としては、「カメラマンが同行することもある」、「予算の都合でカメラマン兼ライターの仕事もある」ため、取材現場によって仕事内容が異なりやすいです。

コラムライター

「自分の意見をまとめて発表するのが得意な人」であれば、コラムライターと相性が良いかもしれません。

コラムライターは、次のような業務をこなすことが多いため、他のライターと仕事内容が大きく異なります。

  • ニュースについて自分なりの考えを論じる
  • 社会現象などを解説・批評する
  • 人生体験・紀行文などをコラムとして取り扱う

専門家としての意見を論じないといけないことも多く、そのため、根拠を示すための努力が必要です。

独自の視点・切り口、そして、客観的な根拠・視点も含めて記事の構成ができる人ほど、コラムライターとしての質が高いと評価されます。

テクニカルライター

マニュアルライティングなどを取り扱うのが、テクニカルライターの仕事です。

「専門的技術・機械」をわかりやすく解説する必要があり、今では、電子機器のマニュアルを作成するなど、業務の幅が広がっている特徴があります。

専門知識が求められるライターのため、専門職(医師・エンジニアなど)の現場で活躍されていた人が、テクニカルライターを務めるケースが多いです。

在宅勤務を含むライティングの収入

求人ボックスの収入データを参考にすると、在宅勤務の収入は時給1002~1753円です。最も時給が高い仕事は「SEO」で、SEOの知識・経験を有している人ほど、収入が高くなる傾向にあります。

※ 求人ボックスの「条件別給料」を参考にしています

ライターの仕事の年収・時給・給料情報

ライターの仕事の平均年収は約448万円。日本の平均年収と比較すると高い傾向にあります。

月給で換算すると37万円、初任給は22万円程度が相場のようで、派遣社員やアルバイト・パートでは平均時給がそれぞれ1,648円、1,008円となっています。

正社員の給料分布を見てみるとボリュームが多いのは339〜406万円の水準で、平均年収の448万円はこのゾーンよりも高い水準に位置しています。

全体の給与幅としては272〜808万円と比較的広いため、勤務先や経験・求められるスキルによっても大きな差があると見受けられます。

出典:ライターの仕事の平均年収は448万円!給料ナビで詳しく紹介|求人ボックス

未経験でもライティングを始めることは可能

ライターは文章を作成する仕事なのですが、特別高いスキルを要求されるわけではありません。ブログライターのようなコンテンツを量産する仕事もあるため、ステップアップを図る目的で、ライティングスキルを一から学ぶことが可能だからです。

ライティングの基本は情報収集

在宅勤務でも、ライティングの仕事は情報収集をどれだけ円滑に行えるかが重要です。

そのため、検索エンジン(Google・Yahoo!など)を使って情報収集できる人であれば、ライティングの仕事をこなすことができます。

簡単なパソコン操作のみで仕事をこなせる

スマートフォンが普及していることもあり、年々でパソコン操作ができる人の数は減っています。

そのため、Microsoft OfficeのWord・Excelを利用できるレベルであれば、簡単なライティングの仕事を任せてもらえることが多いでしょう。

マニュアルを守ってライティング

未経験者でも応募できる求人のほとんどは、マニュアルを用意しています。

ライティング業務についても、打ち合わせはメール・チャット、マニュアルはダウンロード、ライティングはパソコン上・インターネット上で行えるため、打ち合わせのために出勤するケースも減ってきました。

マニュアルの中身についても、次のようなことが書かれているだけなので、仕事を覚えることが大変というものではありません。

  • キーワードを含ませる
  • 見出しタグを含ませる
  • タイトル・リード文・まとめを含ませる
  • 必要文字数以上でライティングする

ライティング業務によっては「画像選定・動画選定・SNS選定」を任されることもありますが、マニュアルに沿ってフリー素材、動画、SNSへの投稿を入手、選定するだけで問題ありません。

意外な人物もライティングを始められる

ライティングは敷居が高いと思っている人が多いです。ですが、次のような人でもライティングを始められるため、コツをつかんでしまえば安定した収入を得られる特徴があるのです。

ブログを運営している人

ブログというのは、日記をつけるような形で運営されている人でも問題ありません。

ライティングで重要視されるのは、文字入力に慣れていること、そして、情報のコピーペーストをしないことです。

なぜこのような対応を求められるのかというと、それは、SEO的に問題を起こさないためです。

次のような特徴のある記事を執筆していると評価され、逆に、特徴のないコンテンツページについては評価されない、ペナルティが課せられるようになっています。

  • 記事がオリジナル
  • 1ページの情報量が多い
  • 他の情報をそのまま流用していない
  • 似通った内容のページが量産されていない
  • 適切に画像・リンクが設置されている

ライティングの仕事は、ただ記事の執筆を行うだけでなく、実は、画像・動画・引用・Twitter投稿といった、その他の作業もこなせるかどうかが重要です。

ブログを運営している人の場合、ブログに用意されている機能(画像・動画の挿入、引用タグの設置など)も利用していることが多く、そのため、ライティング経験以外の経験も積んでいると判断されることがあります。

リライトできる人

在宅勤務のライティングの求人を探してみるとわかりますが、リライトのみの求人を見つけることがあります。

リライト・ライティングの仕事内容は別物ですが、「どちらも記事を完成させる」という目的は一緒のため、リライト経験がある人もライティングの求人に応募できるのです。

リライトの仕事内容は次のようになっているため、ライティングのため仕事経験を積むのにはちょうど良いです。

  • 完成している記事の手直し
  • 手直しする際はオリジナルの記事を執筆する
  • 素早く対応できる人ほど重用される

リライトのデメリットとなりますが、ライティングに比べて収入が高くありません。

リライトは文字単価0.3~0.5円のものが多く、ライティングは文字単価0.5~1.0円のものが多い状況です。

その代わりライティングに比べて仕事量が多いため、クラウドソーシングなどで求人を見つけるのは簡単です。

ライティング求人の注意点

今年に入ってからテレワークが普及するようになったため、ライティングについても有名な職種となりました。しかしクラウドソーシングなどの求人サイトでは、ライティングについて知らない人を狙った悪質な求人もあるため、何も知らないまま求人に応募するのは良くありません。

未経験は低単価の求人案件を選ぶ

ライティングの場合、文字単価0.1~0.4円の求人案件は低単価に分類されます。

0.4円で仕事を請け負った場合、1時間に2000文字の入力では800円の収入になるため、一般的な職種よりも稼いでいない状況になります。

ですが、このような問題に直面した際も、「今は修行中」と考えて乗り切るようにしましょう。

在宅勤務の場合、過去の実績がある人ほど評価されるため、実績を増やすために低単価の求人案件を選ぶのはありです。

低単価の求人案件の良いところは修正が少なく、マニュアルを理解するのにかかる時間が短いところなので、デメリットばかりと言えるわけではありません。

専門的なライティングは避けたほうが良い

「過去に〇〇の職業に就いていた人」と案内されている求人案件は、専門職の経験ありでなければ採用される可能性が低いです。

  • 過去に教師をされていた人
  • 過去に医師をされていた人
  • 過去に投資をされていた人

実際に求人サイトで見つかるものをリストアップしました。

他にも、「漁師・看護師・ギャンブラー」などくせの強い職業が多いため、まったく職業経験が無い人では、ライティングすることが難しいと割り切ったほうが良いです。

高単価の求人案件の特徴を知っておく

文字単価1.0円以上のライティングは、すべて高単価の求人案件と思ったほうが良いでしょう。

次のような特徴があるため、誰でも応募できるライティングの求人ではありません。

  • 電話・チャットで打ち合わせが可能
  • メディア媒体の実績を提出できる
  • 指定のメディアで勤務していた実績がある
  • 面接・雇用契約を問題なく行える
  • 将来的に社員として勤務することが可能

このような面倒な条件をクリアできる場合、文字単価2.0~5.0円で仕事を請け負うことが可能になるため、ついつい応募してしまう人もいます。

ですが、長期雇用が前提となっている在宅勤務のため、面接・トライアルテスト・雇用までで2週間ほどかかることが多いため、安易に応募しないほうが良いでしょう。

他にも、1日5時間以上勤務できる、1週間に30時間以上勤務できるといった、細かいスケジュール管理を要求されることもあります。

タイトルとURLをコピーしました