スクール・セミナーに通ったほうが良い?在宅勤務のライティングで必要なスキル・資格

ライティング

在宅勤務のライティングは、WEBライターとして働く求人が多いため、WEBライターとして働いていけるだけの技能がある人であれば、求職・転職で困ることは少ないです。ライティングスキルは独学で磨くことも可能ですが、役立つ書籍・資格もあるので、これらの情報もまとめて知っておいたほうが良いでしょう。

ライティングのスキルアップで役立つ書籍

ライティングスキルは、コンテンツマーケティング・SEO・文章構成力でまとまっています。そのため、「売れるライティングスキル」を学んでいると、その分だけWEBライターなどの求人で評価されやすいのです。

そんな売れるために必要な知識・実践的なスキルをまとめている書籍は数多くありますので、プロのライターを目指したい、未経験者を脱したいという人は、役立つ書籍を読んで能力向上を図ってみましょう。

  • SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64
  • 頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書
  • 20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)

SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64

ライティングの手法がわかりやすく解説されている書籍です。

読者から興味をもってもらえるタイトルの付け方、パラグライディングといった技法が載っているため、ライティング未経験者にもオススメすることができます。

SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64の特徴

  • ロジカルライティングの「伝わる文章」を学べる
  • エモーショナルライティングの「購買意欲を引き立てる文章」を学べる
  • SEOで重要なキーワードの選定・コンテンツ戦略を学べる
  • SEOに最適なオリジナルコンテンツの必要性を学べる
  • コンテンツの基本的な企画方法を学べる
  • 執筆ガイドラインの作り方を学べる
  • 制作チームの必要性・作り方を学べる
  • 文章構成力を上げられるテクニックを多く掲載

頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書

WEBライター兼講師の吉見夏実(なつみと)氏による、仕事が取れないライター向けの内容となっている書籍です。

原稿を上手くまとめることの必要性、新しい働き方を提供している現場(クラウドソーシングなど)では、どのようにして仕事を取れば良いのか・・・など、タイトル通りの内容で構成されています。

頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書の特徴

  • ライターが活躍している現場がわかる
  • ライターのレベルが混沌としている事実を理解できる
  • 稼げないライターの特徴がわかる
  • ライターが直面する仕事の問題を解説している
  • コンスタントに稼ぐ方法を伝授してくれる

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)

著者の現役ライターとして、15年のライター経験がまとまっている書籍です。

文章とリズム、話すことはできても書けない・・・など、独自の視点でライティングについて語られているため、すでにライターとして活躍されている人ほど、その内容に驚かされる一冊となっています。

20歳の自分に受けさせたい文章講義の特徴

  • 上手く書くことは難しいことを理論的に説明している
  • 「話すこと」「書くこと」は別物であることを学べる
  • 話し言葉から書き言葉にするためのテクニックを収録
  • ライティングスキルだけでなく書くことの哲学にも触れている
  • スクール・セミナーでは学べないことも載っている

ライティングで役立つ資格

現役ライターが持っている資格で、役に立ったと評判のものをまとめてみました。一度は見たことがある資格ばかりですが、具体的にどのような場面で役立つのかわからない、そんな資格の疑問をひも解いてみましょう。

  • ビジネス著作権検定
  • 日本語検定一級
  • WEBライティング技能検定

ビジネス著作権検定

ビジネス著作権検定は著作権に関する資格で、ライティングの基礎中の基礎がまとまっている資格です。

今でも著作権に関するトラブルは起きているのですが、有名なものでは、2016年のWELQ(ウェルク)が起こしたものが有名です。DeNA運営のWELQは、著作権を無視してメディア運営を行っていたことで、ニュースにもなりました。

ビジネス著作権検定は民間資格の1つなのですが、「著作権に関する唯一の民間資格」としても有名です。

今では、大手企業ほど著作権・コンプライアンスの意識が高まっているため、「質の良い記事を書けることの証明」として、ビジネス著作権検定を取得される人も増えてきました。

合格率は51.4%と高いのですが、ビジネス著作権検定に合格されていると、知的財産管理技能士(国家資格)の受験資格を得ることができます。

日本語検定一級

日本語検定一級は、日本語を用いた文章力があることを証明してくれる資格です。

文部科学省後援の資格なのですが、日本語検定一級の出題内容は、語彙力・文法・敬語となっているため、感性のみで合格できる資格ではありません。

日本語検定一級を取ることで、理論による裏付けのある文章を書けるようになります。

日本語検定は「1~7級」に申し込めるのですが、7級は出題内容が小学生程度のため難しくありません。

日本語の知識・理論が曖昧だと感じている場合の矯正でも、日本語検定は役立つ資格となっています。

WEBライティング技能検定

WEBライティング技能検定は、ライター経験が浅い人向けの資格です。

そのため、すでにライター経験がある人が申し込んでも、「過去に学んだことを復習するだけ」という結果になるでしょう。

WEBライティング技能検定は、ライティングの基礎となる「スキル・ビジネスマナー」を学んでいることを証明できる資格です。

未経験者向けの求人案件に応募するのを卒業したい・・・、そんな人は、WEBライティング技能検定を取得してみると良いでしょう。クラウドソーシングでも役立つ資格のため、実績以外でアピールできるものが欲しい・・・、そんな人にもWEBライティング技能検定はオススメです。

WEBライティング技能検定を取得していると、「WEBライティング実務士」として活躍できるのですが、他にも、「WEBライティング実務士合格者特典」を受けることもできます。

タイトルとURLをコピーしました